よりどりインドネシア

2020年08月08日号 vol.75

「宗教」に関連する記事

ロンボクだより(32):ジン(精霊)と信仰(岡本みどり)

みなさん、こんにちは。今回は精霊の話です。実は前回まじない師について執筆したあと、まじないのことで前から気になっていた疑問が私のなかで再浮上してきました。今回は、その疑問に関...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2020年06月07日号 vol.71

いんどねしあ風土記(17):あるイスラム教徒からみた新型コロナウィルス感染流行 〜ジャカルタ首都特別州~(横山裕一)

大規模社会制限などによる自宅待機が始まって2ヵ月余りがたった5月下旬、同じジャカルタに住む、インドネシア人の友人とスマートフォンのテレビ電話を通して久しぶりに会話した。断食月...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2020年06月07日号 vol.71

ラサ・サヤン(3) ~インドネシアのキリスト教~(石川礼子)

私たち家族はキリスト教信者です。ご存知のように、インドネシア政府は、イスラム教、ヒンドゥー教、仏教、儒教、そしてキリスト・カトリック教とキリスト・プロテスタント教の6つを宗教...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2020年04月08日号 vol.67

指導者は他の宗教で挨拶してもよいのか ~挨拶の変遷と「サラーム・パンチャシラ」提案~(松井和久)

皆さんは、インドネシアでなにかの会議に出席されたことがあるでしょうか。会議に出席するインドネシアの方々は、話をする前に必ず挨拶をします。どんな挨拶をしていたか、覚えていらっし...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2020年02月24日号 vol.64

イスラム指導者による新疆ウイグル自治区訪問の意味(松井和久)

インドネシアは、世界中で最も国内のイスラム教徒人口の多い国です。インドネシアのイスラム教徒が過激化・急進化し、欧米諸国や日本と敵対する国になることは、どうしても避けなければな...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2020年01月23日号 vol.62

西スマトラ州2県でのクリスマス礼拝禁止をめぐって(松井和久)

インドネシアといえば、2010年人口センサスによると、人口の87.18%をイスラム教徒が占める国ですが、それに次ぐのがキリスト教徒です。キリスト教徒全体で、全人口の約1割(プ...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2019年12月23日号 vol.60

大統領選挙の速報結果から見えてくるもの(松井和久)

2019年4月17日、インドネシアでは、大統領選挙、国会・地方代議会・州議会・県/市議会議員選挙の投票が全国で行われました。5つの選挙を同時に行うというのは初めての試みでした...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2019年04月23日号 vol.44

インドネシア各地のクリスマス・パレード(松井和久)

インドネシアの人口を宗教別にみると、イスラム教徒が全人口の85.2%と大多数を占め、キリスト教プロテスタント教徒8.9%、キリスト教徒カトリック教徒3%と続きます。キリスト教...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2018年12月23日号 vol.36

スラウェシ中部地震被災地への訪問記(1)(松井和久)

今号と次号の2回に分けて、2018年11月21~23日に訪問した中スラウェシ州パル市、シギ県、ドンガラ県で見聞した内容を報告します。なお、これら被災地についての説明は、よりど...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2018年11月24日号 vol.34

スラウェシ中部地震・津波の被災地はどんな地域なのか 〜中スラウェシ州パル市、ドンガラ県、シギ県〜(松井和久)

(本記事の無料公開は10月12日で終了いたしました)日本でも連日大きく報道されているスラウェシ中部地震ですが、国家災害対策庁(BNPB)の発表によると、2018年10月12日...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2018年10月09日号 vol.31

ロンボクだより(12) 異教徒との共生(岡本みどり)

前回に続き、震災時の話です。私の住んでいる地域はロンボク島の北西部にあり、イスラム教、バリ・ヒンドゥー教、仏教の三つの宗教の人々が入れ混じって住んでいます。入れ混じっていると...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2018年10月09日号 vol.31

なぜパプアでダビデの星がはためくのか(松井和久)

5月半ば、一見、奇妙な映像がインターネット上で流れ、インドネシア国内で騒然となりました。なぜなら、それは、イスラエル国旗を手にした多数の人々が街中をデモ行進する映像だからでし...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2018年06月09号 vol.23

コラム:テロ対策は魔女狩りになるのか(松井和久)

5月半ばに起きたスラバヤなどでの自爆テロは、インドネシア社会に大きな衝撃を与えました。とくに、幼い子どもを洗脳して家族ぐるみで自爆するという、これまでのインドネシアではあり得...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2018年06月09号 vol.23

スラバヤ自爆テロの背景(松井和久)

日本でも報道されたように、2018年5月13日から5月15日にかけて、インドネシア第2の都市スラバヤで、3件の自爆テロとそれに絡むテロ犯と警察との銃撃戦が起こりました。スラバ...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2018年05月23日号 vol.22

ウォノソボ・ライフ(5) :異教徒は隣人(神道有子)

5月、断食を目前に控えた日曜日、陰惨なテロが起きてしまいました。既に多くの報道があった通り、スラバヤの教会を狙ったもので、たくさんの死傷者が出ています。それから一週間もしない...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2018年05月23日号 vol.22

ゴロンタロの「灯りの祭典」、トゥンビロトヘ(松井和久)

●トゥンビロトヘとはゴロンタロでは、毎年、レバラン(断食明け)の4日前から、家々や通りに火を灯す「灯りの祭典」、トゥンビロトヘ(Tumbilotohe)が行われます。このトゥ...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2018年05月23日号 vol.22

ロンボクだより(8):はじめて断食を試みた年のこと(岡本みどり)

今年も断食月が近づいてきました。この時期になると、近所のおばさんたちの話は断食月やレバラン(断食明け大祭)の話でもちきりになります。「もういくつ寝るとお正月〜♪」の歌と同じノ...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2018年05月09日号 vol.21

LGBTは排除されるべき社会悪なのか 〜人権と倫理と宗教とのはざまで〜(松井和久)

1998年5月、32年間にわたったスハルト政権が崩壊して以来、インドネシアは民主化の時代を謳歌してきました。それから20年経った今では、東南アジア有数の民主主義国家となり、か...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2018年02月22日号 vol.16【無料全文公開】

ロンボクだより(5):ロンボクの犬と夫の涙(岡本みどり)

新年、あけましておめでとうございます。本年もロンボク島から色鮮やかな記事をお届けしたいと思っております。よろしくお願いいたします。今年は戌年ということで、2018年最初の記事...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2018年01月07日号 vol.13【無料全文公開】

インドネシアで寛容性の高い都市はどこか?(松井和久)

2017年11月16日、政府は、2017年のインドネシアにおける寛容な都市のランキングを発表しました。このランキングは、パンチャシラ(建国五原則)指導に関する大統領付作業部会...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2017年11月22日号 vol.10【無料全文公開】

バックナンバー(もっと見る)