よりどりインドネシア

2020年11月22日号 vol.82

いくつものインドネシア

ウォノソボライフ(35):廃線散歩! ~在りし日のプルウォクルト=ウォノソボ線~(神道有子)

ウォノソボの中心街の北西地域。スタシウン(Stasiun)と呼ばれている地区があります。スタシウンとは「駅」という意味。ウォノソボ県は鉄道ゼロ県なのにもかかわらず、です。駅と...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal

ジャカルタ寸景(2):ジャカルタコタ駅の古時計(横山裕一)

●オランダ時代の名残 ジャカルタコタ駅(写真上)と駅構内(写真下)首都圏鉄道などの始発駅でもある基幹駅のひとつ、ジャカルタコタ駅はオランダ植民地時代の建物が多く残るかつてのバ...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal

ジャカルタ寸景(3):路上で読み取るジャカルタっ子気質(横山裕一)

1970年代の日本映画「トラック野郎」シリーズに登場する、トラックの車体に施された名文句かのように、ジャカルタの乗り合いバスなどの公共交通機関には、車体などに言葉遊びも含めた...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal

他の号の記事

ロンボクだより(36):20年前の遊びをもう一度(岡本みどり)

こんにちは。すっかり雨季に入って、ロンボクは、蒸し蒸しとサウナにいるかのような気候が続いています。先日、夫の兄弟たちと会っているときに、近頃の子どもはスマホばかりいじっている...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2020年11月07日号 vol.81

ラサ・サヤン(11)~インドネシアのネットショッピング事情~(石川礼子)

ジャカルタは、3月2日にインドネシア初の新型コロナウィルス感染が発生した後、瞬く間にパンデミックとなり、3月末日には陽性患者数が608人まで増え、4月10日に最初のPSBB(...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2020年11月07日号 vol.81

ウォノソボライフ(34):静かなるバリケン専門店ブーム(神道有子)

インドネシアでは家庭で様々な家禽が飼われています。鶏、アヒル、ガチョウ、七面鳥・・・。ときには、こんな鳥を見たこともあるのではないでしょうか?一見したらアヒルですね。実際にア...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2020年10月22日号 vol.80

いんどねしあ風土記(22):ジャカルタを象った建築家、F・シラバン 〜ジャカルタ首都特別州、西ジャワ州ボゴール~(横山裕一)

2020年8月下旬の夜、南ジャカルタで最高検察庁の本庁舎が全焼する火災があった。スナヤンの南に白く堂々とそびえていた本庁舎の姿は黒く焼け焦げ、骨組みを晒す無残な姿となった。こ...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2020年10月22日号 vol.80

ロンボクだより(35):義母の最後のマンディ(岡本みどり)

9月6日、義母が他界しました。義母は8月末日から一切の食事をとらなくなっており、私たち家族は心の準備はできていました。本人もそれほど苦しまずにあの世へ行けたように思います。イ...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2020年10月07日号 vol.79

ラサ・サヤン(10): ~インドネシア人の諺~(石川礼子)

どこの国にも「諺(ことわざ)」はありますよね。インドネシアにもたくさんの諺があります。インドネシア語で「諺」は"Peribahasa"と言います。その意味を見てみると、「比較...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2020年10月07日号 vol.79

ウォノソボライフ(33):だからシスウォンド・パルマンは英雄になった(神道有子)

今年も9月末が近づいてまいりました。インドネシアに関わる外国人は、9月30日という日付けの持つ意味を否応なく考えさせられる時期です。もちろん1965年の9月30日、陸軍の高級...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2020年09月22日号 vol.78

いんどねしあ風土記(21):「国籍剥奪」ー 祖国を失った元留学生たち 〜中ジャワ州ソロ(スラカルタ)~(横山裕一)

1965年に起きた共産党系の若手将校によるクーデター未遂事件「9・30事件」を契機に、インドネシアでは権力が大きく移行するとともに、国軍が中心となった大規模な共産主義者の一掃...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2020年09月22日号 vol.78

ラサ・サヤン(9):~もし〇〇ならば、あなたはインドネシア人かも~(石川礼子)

何年か前に、「もし○○ならば、あなたはインドネシア人かも」とか、「インドネシア人になるためには○○をしよう」という、インドネシア人の特徴を面白おかしくリストアップした笑い話が...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2020年09月07日号 vol.77

モフタル事件再考:~900人余のロームシャはなぜ死んだのか~(松井和久)

インドネシアの新型コロナウィルス感染状況は、依然として警戒すべき状況にありますが、政府は経済回復優先の姿勢を示し、中国と共同でのワクチン開発に楽観的な見解を示しています。在留...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2020年09月07日号 vol.77

ウォノソボライフ(32):良妻賢母2020(神道有子)

最近、こんなジョーク画像がWA(WhatsAppというメッセージアプリ)を通して広まっています。上の図は、頭痛の種類を描いた図で、高血圧ならこの部位、偏頭痛ならこの部位・・・...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2020年08月23日号 vol.76

プニン沼伝説(太田りべか)

中ジャワ州スマランから南のサラティガへ向かう途中、テロモヨ山(Gunung Telomoyo)の麓にプニン沼(Rawa Pening)と呼ばれる沼がある。かつては水深が15メ...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2020年08月23日号 vol.76

ジャカルタ寸景:踏切の番人たち(横山裕一)

●高層ビルのかたわらで中央ジャカルタ・ブンドゥガンヒリル地区西部のプジョンポガン通り周辺は、国民協議会(MPR)・国会(DPR)議事堂近くの、ジャカルタ中心部の一角である。し...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2020年08月23日号 vol.76

ロンボクだより(34):地震から二年(岡本みどり)

みなさん、ロンボク島よりこんにちは。2020年8月5日。ロンボク地震から2年が経ったその日を、私たちは静かに迎えました。しかし、そのことは誰の口の端にも上りませんでした。それ...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2020年08月08日号 vol.75

ラサ・サヤン(8)~毒入りコーヒー殺人事件~(石川礼子)

「毒入りコーヒー殺人事件」、ちょっとしたサスペンス小説の題名のようですが、これは実際にジャカルタで起きた事件です。今回は、今までの私のジャカルタ生活の中で、おそらく一番世間を...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2020年08月08日号 vol.75

ウォノソボライフ(31):シオンタバコは絶滅するか?(神道有子)

ちょっとこちらをご覧ください。ピンクの星型で、可愛らしいですね。なんの花だか分かるでしょうか?これ、タバコの花なのです。インドネシアにはタバコの葉の産地がいくつかありますが、...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2020年07月22日号 vol.74

ジャワの羽衣伝説 – “Babad Tanah Jawi”より–(その2)(太田りべか)

"Babad Tanah Jawi" に収録されている羽衣伝説は、ジャワを中心に広く知られる民話でもある。現在の中ジャワ州山間部のタルブ(Tarub)という村に住む若者Ki ...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2020年07月22日号 vol.74

いんどねしあ風土記(20):ヌサンタラ・コーヒー物語(後編) 〜コーヒー文化紀行~(横山裕一)

●コーヒーが導く運命「トト・コピ」~フローレス島マンガライ引き続きフローレス島マンガライ地区のコーヒー屋台にて。主人と話していると、近くで奥さんが杵と臼でコーヒー豆を粉にする...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2020年07月22日号 vol.74

ロンボクだより(33):折り重寝る子どもたち(岡本みどり)

みなさん、ロンボク島よりこんにちは。新型コロナでてんやわんやになっているうちに、今年も半分が過ぎましたね。こちらでは、5月下旬にレバラン(断食明け大祭)を迎えてから、島民たち...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2020年07月08日号 vol.73

ラサ・サヤン(7):~私のインドネシア音楽~(石川礼子)

「インドネシアの音楽」というと、バリ島の伝統舞踊やガムランを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。もしかしたら、クロンチョンやダンドゥットをご存知の方もいらっしゃるかもし...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2020年07月08日号 vol.73

バックナンバー(もっと見る)