よりどりインドネシア

2019年06月24日号 vol.48

メダンのビカ・アンボンと伝統菓子(松井和久)

2019年06月24日 03:03 by Matsui-Glocal

北スマトラ州メダンと言えば、美味しい食べ物で名高い町です。マレー料理も中華も、そしてインド料理もそろっていて、何を食べても美味しいものです。

雨季になれば、各産地からグルメをうならせる良質のドリアンが集まり、トバ湖に近い高原都市ブラスタギの周辺で獲れたパッションフルーツなどの果物を味わえます。

そんなメダンで、一番有名なお菓子と言えば、やはりビカ・アンボン(Bika Ambon)でしょう。それにしても、なぜメダンで、遠く離れたマルク州の州都アンボンの名をつけたお菓子があるのでしょうか。

今回は、その謎に迫るとともに、ビカ・アンボンの陰に隠れたメダンの伝統菓子についてもご紹介していきます。

ビカ・アンボン (出所)http://www.pariwisata.pemkomedan.go.id/artikel-23-sejarah-kenapa-bika-ambon-dari-medan.html

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

食彩インドネシア(2):ルンダンは料理名ではなく料理法(松井和久)

2022年05月07日号 vol.117

骨の髄までしゃぶりまスープ(松井和久)

2019年12月08日号 vol.59

プカンバルでムラユ料理の魅力にハマる(松井和久)

2019年11月10日号 vol.57

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)