よりどりインドネシア

2019年02月07日号 vol.39

シェイク・ユスフと南アフリカのマカッサル(脇田清之)

2019年02月07日 21:34 by Matsui-Glocal

マカッサルといえば、もちろん、南スラウェシ州の州都ですが、インドネシアから遠く離れた南アフリカにも「マカッサル」があるのをご存知でしょうか。

南アフリカ共和国の南端、ケープタウンの東郊外にマカッサル(Macassar)という名の丘があるのです(下のGoogle Mapを参照)。

ケープタウンの東郊外にあるマカッサル、地図ではマカサー MACASSAR と表記。(出所)Google Map

どうして、南アフリカにもマカッサル(マカサー)があるのでしょうか。

南スラウェシ州出身のブギス・マカッサル族は船を巧みに操り、遠くまで航海し、その西端は南アフリカへまで至っていました。南アフリカやマダガスカルなどには、今も彼らの子孫が暮らしています。そして、そこには、二つのマカッサルに深くかかわる一人の偉大なイスラム教師の存在がありました。

今回は、のちにインドネシアと南アフリカの両国から国家英雄の称号を与えられたイスラム教師、シェイク・ユスフ(Sheikh Yusuf)をご紹介します。

なお、彼の名前の表記はShiekh / Syeikh / Syekhなど色々あって特定できないのですが、今回はシェイクと表記することにします。ご容赦ください。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ロンボクだより(19) リンジャニ山国立公園と精霊(岡本みどり)

2019年05月10日号 vol.45

いんどねしあ風土記(1) MRTがもたらす『新しい文明』~ジャカルタ~(横山裕一)

2019年05月10日号 vol.45

ウォノソボライフ(16) ジャワの水利とホラ吹き男 〜大正時代のジャワと愛知〜(神道有子)

2019年04月23日号 vol.44

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)