よりどりインドネシア

2019年04月08日号 vol.43

「イスラム」に関連する記事

シェイク・ユスフと南アフリカのマカッサル(脇田清之)

マカッサルといえば、もちろん、南スラウェシ州の州都ですが、インドネシアから遠く離れた南アフリカにも「マカッサル」があるのをご存知でしょうか。南アフリカ共和国の南端、ケープタウ...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2019年02月07日号 vol.39

インドネシア各地のクリスマス・パレード(松井和久)

インドネシアの人口を宗教別にみると、イスラム教徒が全人口の85.2%と大多数を占め、キリスト教プロテスタント教徒8.9%、キリスト教徒カトリック教徒3%と続きます。キリスト教...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2018年12月23日号 vol.36

ハジ・ウマール・ファイサル小林哲夫のこと(脇田清之)

太平洋戦争の初期、南スラウェシほか東部インドネシア各地で活躍した一人の日本人がいました。ハジ・ウマール・ファイサル(Haji UmarFeisal)小林哲夫です。彼の死後70...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2018年12月08日号 vol.35

スラウェシ中部地震被災地への訪問記(1)(松井和久)

今号と次号の2回に分けて、2018年11月21~23日に訪問した中スラウェシ州パル市、シギ県、ドンガラ県で見聞した内容を報告します。なお、これら被災地についての説明は、よりど...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2018年11月24日号 vol.34

バニュワンギのガンドゥルン踊りをめぐって ~有名観光イベントに至るまでの道程~(松井和久)

真っ赤な衣装を身につけた1,000人以上の踊り子たちが、砂浜海岸の上で、一糸乱れず、華麗に踊る・・・。2018年10月20日、今年も「ガンドゥルン・セウ」(GandrungS...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2018年10月23日号 vol.32

ウォノソボライフ(10) とある伝説と村祭り(神道有子)

毎年、イスラム暦の新年を過ぎると、私の村では、村祭りの準備が始まります。一年に一度の盛大なお祭り! 当日は朝からガムランが鳴り響き、村民はジャワの正装をします。椰子の葉や稲穂...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2018年10月23日号 vol.32

正副大統領候補ペア決定に関する3つの疑問と今後のインドネシア政治(1)(松井和久)

2018年8月10日、来年2019年正副大統領選挙の候補者ペア2組が総選挙委員会(KPU)に立候補登録をしました。その2組とは、ジョコ・ウィドド(Joko Widodo、現職...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2018年08月23日号 vol.28

正副大統領候補ペア決定に関する3つの疑問と今後のインドネシア政治(2)(松井和久)

第1部に引き続き、第2部では、ジョコウィがなぜマルフ・アミンを副大統領候補に選んだのかについて、探っていきます。そして、来年の正副大統領選挙の見通し、今後のインドネシア政治の...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2018年08月23日号 vol.28

コラム:テロ対策は魔女狩りになるのか(松井和久)

5月半ばに起きたスラバヤなどでの自爆テロは、インドネシア社会に大きな衝撃を与えました。とくに、幼い子どもを洗脳して家族ぐるみで自爆するという、これまでのインドネシアではあり得...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2018年06月09号 vol.23

スラバヤ自爆テロの背景(松井和久)

日本でも報道されたように、2018年5月13日から5月15日にかけて、インドネシア第2の都市スラバヤで、3件の自爆テロとそれに絡むテロ犯と警察との銃撃戦が起こりました。スラバ...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2018年05月23日号 vol.22

ウォノソボ・ライフ(5) :異教徒は隣人(神道有子)

5月、断食を目前に控えた日曜日、陰惨なテロが起きてしまいました。既に多くの報道があった通り、スラバヤの教会を狙ったもので、たくさんの死傷者が出ています。それから一週間もしない...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2018年05月23日号 vol.22

ゴロンタロの「灯りの祭典」、トゥンビロトヘ(松井和久)

●トゥンビロトヘとはゴロンタロでは、毎年、レバラン(断食明け)の4日前から、家々や通りに火を灯す「灯りの祭典」、トゥンビロトヘ(Tumbilotohe)が行われます。このトゥ...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2018年05月23日号 vol.22

ロンボクだより(8):はじめて断食を試みた年のこと(岡本みどり)

今年も断食月が近づいてきました。この時期になると、近所のおばさんたちの話は断食月やレバラン(断食明け大祭)の話でもちきりになります。「もういくつ寝るとお正月〜♪」の歌と同じノ...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2018年05月09日号 vol.21

大統領選挙とスクマワティの詩の波紋(松井和久)

2019年の大統領選挙は、現職のジョコ・ウィドド(ジョコウィ)大統領が再選へ向けて出馬を表明しました。各種世論調査でも、ジョコウィ大統領への支持率は40%前後と高く、再選の確...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2018年04月08日号 vol.19

ロンボクだより(7):「恋人と一緒に登っていいですか?」(岡本みどり)

こんにちは。ロンボク島は雨季がほぼ終わり、ようやく島内の名山・リンジャニ山も山開きとなりました。今回は、そのリンジャニ登山への、現地女性の参加/不参加をめぐって考えたことを書...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2018年04月08日号 vol.19

ムスリム・サイバー・アーミー(MCA)とは何か(松井和久)

ムスリム・サイバー・アーミー(Muslim Cyber Army)、略してMCAがインドネシアのニュースを賑わせています。MCAは、ソーシャルメディアやインターネットを利用し...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2018年03月07日号 vol.17

コラム:村を存続させたのは美しき誤解なのか(松井和久)

2003年2月、筆者は、日本の大学院生(留学生を含む)とインドネシア人大学生との合同チーム計20人と一緒に、南スラウェシ州ブルクンバ県のある村に行き、約一週間、ホームステイを...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2018年03月07日号 vol.17

岡本みどりのロンボクだより(4): ロンボクのマウリド(ムハンマド生誕祭)

先日はイスラム教の祝日のひとつ、マウリド(預言者ムハンマドの生誕祭)でした。インドネシアの各地でもお祝いがあったことと思います。ロンボク島のマウリドはとてもユニークなので、今...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2017年12月07日号 vol.11

インドネシアで寛容性の高い都市はどこか?

2017年11月16日、政府は、2017年のインドネシアにおける寛容な都市のランキングを発表しました。このランキングは、パンチャシラ(建国五原則)指導に関する大統領付作業部会...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2017年11月22日号 vol.10

コラム:「アラブ主義」とイスラム(全文公開)

西洋人は「アラブ主義」(Arabisme)と「イスラム」を区別できていない。「アラブ主義」にはポジティブなものとネガティブなものがある。イスラム急進グループはそのネガティブな...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2017年11月07日号 vol.9

バックナンバー(もっと見る)