よりどりインドネシア

2021年11月22日号 vol.106

「マカッサル」に関連する記事

食彩インドネシア(1):インドネシア料理への素朴な疑問集(松井和久)

●はじめに食との出会いは一期一会。これは私の人生における信条のひとつです。人間は生きるためには食べなければなりません。でも、自動車に入れるガソリンや電気のように、ただ食べれば...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2021年09月22日号 vol.102

東の人々(太田りべか)

コロナ禍でいろんなことが変わってしまったが、なかには歓迎すべき変化もあった。そのひとつは文芸イベントがオンラインで開催されるようになったことだ。インドネシアでは、小規模なもの...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2021年09月22日号 vol.102

アマナガッパの海商法を読んで ~ブギス・マカッサルの海商人の生きざまを垣間見る~(脇田清之)

このところ、国際政治の世界では「インド太平洋」地域における、法の支配に基づく、自由で開かれた海洋秩序の重要性がクローズアップされています。この「自由で開かれた海」という言葉、...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2021年03月22日号 vol.90

新型コロナをめぐるマカッサルの3事件(松井和久)

インドネシアの新型コロナウィルス感染拡大は、収束の気配を見せることなく、全国へ拡散し続けています。断食月頃、いったん収まりかけたかに見えた首都ジャカルタでも毎日100人以上の...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2020年06月22日号 vol.72

南スラウェシの木造船、現状と課題 ~タナベル、ガレソン、パンダラ、パオテレ港を廻って~(脇田清之)

南スラウェシの伝統的な木造船ピニシ(Pinisi)とその造船工法が2017年12月7日、国連教育科学文化機関(UNESCO)の人類の無形文化遺産に登録され、脚光を浴びました。...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2020年01月08日号 vol.61

藤山一郎さんのインドネシア(脇田清之)

歌手で声楽家、作曲家、指揮者でもある藤山一郎さん(本名・増永丈夫、1911~1993年。1992年に国民栄誉賞を受賞)は、太平洋戦争中、二度にわたってインドネシア各地で活躍し...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2019年08月24日号 vol.52

伊東深水の南方風俗スケッチ(脇田清之)

1940年代後半、太平洋戦争の真っ只中で、スラウェシ島などの風俗をたくさんのスケッチに書き残していた日本人の画家がいました。今回は、そんな稀有な画家をご紹介します。伊東深水が...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2019年08月07日号 vol.51

戦前マカッサルの和歌山商人をめぐって(脇田清之)

約10年前のことです。戦前マカッサルへ進出した日本人について調べていたとき、なぜ和歌山県出身者が多いのか、関係者の間で話題になりました。その後、JICA横浜の海外移住史料館で...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2019年07月07日号 vol.49

オーストラリアに眠る日本人抑留者の知られざる物語 〜新公開のカウラ日本人墓地データベースを試用して〜(脇田清之)

オーストラリア、シドニーの西、約320kmにあるカウラ(ニュー・サウス・ウエールズ州)の日本人戦争墓地には、太平洋戦争中に豪州国内で亡くなられた日本人捕虜及び民間人抑留者52...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2019年06月08日号 vol.47

知られざる国家英雄、ルウ王国のアンディ・ジェマ(脇田清之)

今回も、インドネシアの知られざる国家英雄のお話です。国家英雄といっても、インドネシアの人々でも知っている人はほとんどいないでしょう。でも、地元では知らない人はいないぐらい、今...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2019年05月24日号 vol.46

首都移転の閣議決定とその背景(松井和久)

2019年4月17日に大統領選挙・総選挙の投票が終わり、各民間団体のクイックカウント結果は発表されたものの、今は、5月22日に公表される総選挙委員会からの確定開票結果を待って...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2019年05月10日号 vol.45

最後の戦時賠償プロジェクト(脇田清之)

昨年(2018年)は日本とインドネシアが1958年1月20日に「日・インドネシア平和条約」に署名し、国交が樹立されてから60年の節目の年でした。1958年といえば、日本では、...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2019年03月24日号 vol.42

プワルタ・セレベス編集長、近藤三郎のこと(脇田清之)

太平洋戦争の時代、海軍軍政下のマカッサルでは、毎日新聞系のセレベス新聞社が、現地住民向けの日刊紙「プワルタ・セレベス」(Harian PewartaSelebes)を発行して...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2019年03月09日号 vol.41

興亜専門学校生の太平洋戦争(脇田清之)

太平洋戦争中の一時期、南スラウェシのマカッサルには、インドネシアの独立の支援などを行う「花機関」という名の海軍特務機関がありました。ここに、興亜専門学校(現:亜細亜大学)等で...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2019年02月23日号 vol.40

シェイク・ユスフと南アフリカのマカッサル(脇田清之)

マカッサルといえば、もちろん、南スラウェシ州の州都ですが、インドネシアから遠く離れた南アフリカにも「マカッサル」があるのをご存知でしょうか。南アフリカ共和国の南端、ケープタウ...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2019年02月07日号 vol.39

独立英雄アンディ・マッパニュキのこと(脇田清之)

今回皆さんにご紹介するのは、南スラウェシ・ゴワ(Gowa)王国の王子として生まれ、のちにボネ王国第32代ラジャとなる、アンディ・マッパニュキ(AndiMappanyukki,...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2019年01月23日号 vol.38

国家英雄スルタン・ハサヌディンとマカッサル戦争(脇田清之)

スルタン・ハサヌディン(Sultan Hasanuddin, 1631~1670)といえば、その名は、マカッサルの国際空港、国立大学や道路の名称などに使われていて、あまりにも...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2018年12月23日号 vol.36

ハジ・ウマール・ファイサル小林哲夫のこと(脇田清之)

太平洋戦争の初期、南スラウェシほか東部インドネシア各地で活躍した一人の日本人がいました。ハジ・ウマール・ファイサル(Haji UmarFeisal)小林哲夫です。彼の死後70...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2018年12月08日号 vol.35

独立英雄・ラトランギ博士のこと(脇田清之)

本稿は、初代スラウェシ州知事で北スラウェシの空港、大学、マカッサルやマナドの大通りの名称などにその名を残すインドネシア独立に貢献した英雄(1961年第590号)サム・ラトラン...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2018年11月24日号 vol.34

(コラム)隠される格差、作られる「格差」(松井和久)

宅地開発が始まる前のあるマカッサル市近郊の風景(2008年9月30日)●中間層の台頭中間層の台頭。これがマーケットとしてのインドネシアの魅力を高める現在の常套文句です。以前、...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2018年09月23日号 vol.30

バックナンバー(もっと見る)