よりどりインドネシア

2018年07月09日号 vol.25

インドネシアへの中国投資の現状(松井和久)

2018年07月23日 00:44 by Matsui-Glocal

情報ウェブマガジン「よりどりインドネシア」では、これまでも何度かインドネシアへの中国投資について触れてきましたが、現状はどうなっているのか、ここで少し触れておきたいと思います。

2018年4月12~14日、ルフット・パンジャイタン海事担当調整大臣が中国を公式訪問しました。この席で、インドネシアと中国は、中国の一帯一路構想に基づき、5案件、総額233億ドルの協力協定に調印しました。

この5案件には、北カリマンタン州カヤン川の水力発電所建設(20億ドル)、石炭を原料とするジメチルエーテル(DME)製造開発(7億ドル)、北カリマンタン州カヤン川水力発電所の合弁企業への投資(178奥ドル)、バリ州での発電所の合弁企業への投資(16億ドル)、製錬所(12億ドル)が含まれています。

北カリマンタン州を流れるカヤン川(出所)http://beritadaerah.co.id/2017/05/16/luhut-tawarkan-plta-sungai-kayan-kalimantan-utara-di-tiongkok/

このほか、同時に、電気自動車・二輪車開発と北カリマンタン州タナクニン・マンクパディ工業団地建設に関する覚書も調印されました。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

スラウェシ中部地震被災地への訪問記(2) ~建物の観点を中心に~(松井和久)

2018年12月08日号 vol.35

スラウェシ中部地震被災地への訪問記(1)(松井和久)

2018年11月24日号 vol.34

ブル島ハゲ山の違法金採掘をめぐって(松井和久)

2018年11月08日号 vol.33

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)