よりどりインドネシア

2019年09月08日号 vol.53

ジャカルタの麺食べ歩き(その2)(松井和久)

2019年09月08日 12:04 by Matsui-Glocal

2カ月前の記事に引き続いて、今回もジャカルタでのお気に入りの麺の店をご紹介します。

ジャカルタで美味しい麺の店が集まっている場所といえば、マンガ・ブサール通り(Jl. Mangga Besar Raya)でしょう。近年は店の入れ替わりが激しいので、今回取り上げる店もいつまで持つかは分かりません。ともかく、オススメの店をいくつか挙げてみます。

まずは、Jl. Mangga Besar No. 78のカニそば(Mie Kepiting)の店です。店のご主人は、西カリマンタン州ポンティアナク出身ということです。ここのカニそばは、カニ肉と豚肉、揚げワンタンが麺の上に乗っていて、あっさりしたスープで味わいます。

カニの肉をほぐした後、麺の上にある具と混ぜて、スープと絡めたら、適宜、チリソースを加えながら、麺と合わせながら食べます。これは全部乗せですが、麺の上に乗せる具は、好きなものを選ぶこともできます。

このカニそばの店に行くと、必ず、隣にある牛肉クウェティアウ(Kwetiau Sapi)の店をハシゴします。Kwetiau Sapi Mangga Besar 78という名前のこの店は、昔から名店として知られています。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ジャカルタの麺食べ歩き(その1)(松井和久)

2019年07月07日号 vol.49

メダンのビカ・アンボンと伝統菓子(松井和久)

2019年06月24日号 vol.48

スラバヤの満月食堂とコオロギ横丁食堂(松井和久)

2019年04月08日号 vol.43

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)