よりどりインドネシア

2019年07月07日号 vol.49

ジャカルタの麺食べ歩き(その1)(松井和久)

2019年07月07日 21:35 by Matsui-Glocal

実は、筆者は麺が大好物なのです。ジャカルタで日本のラーメン・ブームが起こっている間も、もっぱら、地元の中華麺を食べ歩いてきました。

麺の食べ歩きは、どの街でも。スラバヤでも、スマランでも、バンドンでも、メダンでも、マランでも、ジョグジャでも、パレンバンでも、マナドでも、そしてマカッサルでも。

麺の太さ細さ、茹で加減、トッピングのバソ(肉団子)やパンシット(ワンタン)、スープの味加減など、どこへ行ってもそれぞれの良さを味わえます。

今回は、ジャカルタで出会ったいくつかの愛すべき地元麺を紹介します。ジャカルタは本当に、麺の名店が山ほどある街です。でも、その盛衰は実に激しいものです。

まずは、Pantai Indah Kapukで食べたこの麺。華人の間では評判の店らしいです。シコシコの縮れ麺のゆで加減が実に絶妙で、しかもスープとの相性が抜群。思わず、アップ写真も撮ってみました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ジャカルタの麺食べ歩き(その2)(松井和久)

2019年09月08日号 vol.53

メダンのビカ・アンボンと伝統菓子(松井和久)

2019年06月24日号 vol.48

スラバヤの満月食堂とコオロギ横丁食堂(松井和久)

2019年04月08日号 vol.43

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)