よりどりインドネシア

2019年07月07日号 vol.49

ロンボクだより(21) :砂ぼこりの舞う季節に1年前を想う(岡本みどり)

2019年07月07日 21:35 by Matsui-Glocal

本格的な乾季に入り、地表がカラッカラに乾くようになりました。

ひとたび風が吹くと砂ぼこりが舞います。砂や塵が入って喉を傷めやすいのもこの時期です。

私も少しばかり喉をやられています。イガイガする喉を押さえながら思いました。「ああ地震から1年がたったのだ」と。

**********

2018年8月5日にロンボク島を襲った地震の翌日から、私たちの集落はモントン・クチェンゴッと呼ばれる場所で集団避難生活をはじめました。現地のササッ語でモントンは丘という意味です。

2019年5月のモントン・クチェンゴッ。雨季の後で緑が茂っています。

なるほど、その地は小さな丘の上にありました。万が一、再び大きな地震があり津波がきても大丈夫なように、集落で一番高く、村人が集まるだけの広さがあるこの場所が選ばれたのでした。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ウォノソボライフ(25):レンゲル舞踊 〜その変化と継承の現場〜(神道有子)

2020年01月23日号 vol.62

いんどねしあ風土記(10):「忘れてはならない」20年越しの真実を求める草根の叫び 〜西ジャワ州デポック~(横山裕一)

2020年01月23日号 vol.62

ロンボクだより(27):ゴミ銀行を始めた青年との対話(岡本みどり)

2020年01月08日号 vol.61

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)