よりどりインドネシア

2019年07月07日号 vol.49

震災後のパルでの未成年早婚問題(松井和久)

2019年07月07日 21:34 by Matsui-Glocal

中スラウェシ州パル市、ドンガラ県、シギ県を襲った地震、津波、液状化から約8ヵ月が過ぎました。被災地では、瓦礫の撤去や仮設住宅の建設が行われ、再建へ向けての動きが進んでいますが、テント暮らしの人々も数多く存在します。

住民が自前で建てた避難用テント(2018年11月23日、ドンガラ県)

そんななか、やや衝撃的な報道が目に留まりました。震災後のパルの避難所などで、未成年早婚が目立ってきた、という報道です。

中スラウェシ女性のための学習サークル連合(Perkumpulan Lingkar Belajar untuk Perempuan [LIBU] Sulawesi Tengah)というNGOによると、過去3ヵ月の間に、パルなどの避難所で女子による早婚のケースが10件見つかったということです。

具体的には、液状化で街が泥にのみ込まれて消失したペトボ地区で5件、港に近いパントロアン地区で3件、ペトボ地区と同様の液状化が起こったジョノオゲ地区で2件、同じく液状化で街が消失したバラロア地区で1件、でした。

これらのうちの6件では、女性だけでなく男性も未成年でした。残りのうち、3件は相手が18~20歳で、1件は40歳台の男性との婚姻でした。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

西スマトラ州パヤクンブ市は「ルンダン」の町へ(松井和久)

2019年06月24日号 vol.48

パプア道路工事作業員殺害事件、その後(松井和久)

2019年01月08日号 vol.37

パプア道路工事作業員殺害をめぐる証言(松井和久)

2018年12月23日号 vol.36

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)