よりどりインドネシア

2018年08月09日号 vol.27

ミナハサ名物、鯛のかぶと焼き(松井和久)

2018年08月09日 23:41 by Matsui-Glocal

スラウェシ島の北東にある半島部は、ミナハサ地方と呼ばれます。ここに住むミナハサ族は、ほとんどがキリスト教徒で、豚も食べれば、酒も飲む、ジャカルタやジャワとは雰囲気のだいぶ違うところです。

ミナハサ地方では様々な料理を楽しむことができます。料理は全般に辛さが際立ちますが、野菜が豊富に食べられるのはいいですね。

マナド空港に着いて、空港道路を南へ下っていくと、マナド=ビトゥン街道にぶつかります。ここを左へ曲がるとビトゥン、右は曲がるとマナドへ向かいます。

でも、マナドへ向かう人のなかには、右ではなくあえて左へ曲がる人も少なくないのです。それはなぜなのか。

実は、マナドへ行く前に、マナド=ビトゥン街道で食べておくべき料理があるからです。それは、鯛のかぶと焼き!

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

食彩インドネシア(2):ルンダンは料理名ではなく料理法(松井和久)

2022年05月07日号 vol.117

骨の髄までしゃぶりまスープ(松井和久)

2019年12月08日号 vol.59

プカンバルでムラユ料理の魅力にハマる(松井和久)

2019年11月10日号 vol.57

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)