よりどりインドネシア

2017年07月07日号 vol.1

セブン・イレブンの全店閉店で思うこと

2017年07月07日 20:39 by Matsui-Glocal

インドネシアでセブン・イレブンが6月末で全店閉店、というニュースが流れました。インドネシアでのフランチャイズ権を持つモデルン・グループが売却先を探していたのですが、当てにしていたタイのチャロン・ポカパン(CP)グループが拒否し、代わりの売却先が見つからなかったため、閉店となったようです。

セブン・イレブンはどうして閉店に追い込まれたのでしょうか。一部報道では、商業大臣による禁酒令で酒などアルコール類の販売が制限されたことが大きかったという指摘がありますが、本当にそうなのでしょうか。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

(コラム)隠される格差、作られる「格差」(松井和久)

2018年09月23日号 vol.30

正副大統領候補ペア決定に関する3つの疑問と今後のインドネシア政治(1)(松井和久)

2018年08月23日号 vol.28

正副大統領候補ペア決定に関する3つの疑問と今後のインドネシア政治(2)(松井和久)

2018年08月23日号 vol.28

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2018年09月07号 vol.29

よりどりインドネシア第29号を発行しました。カバー写真は、アンボン島の海岸...