よりどりインドネシア

2017年07月07日号 vol.1

チョト・マカッサルは汗をかきながら食べるもの

2017年07月22日 01:27 by Matsui-Glocal

南スラウェシ以外の人にとって、「マカッサル」という名前を聞いてすぐに頭に思い浮かべるものの一つは、チョト(coto)という名の特徴ある肉スープかもしれません(ちなみに、スラウェシには、ジャワでよくあるソトはほとんど見かけません)。

チョトは、マカッサル市内ならば、至る所にある小食堂で食べられます。米を椰子の葉で包んで蒸したクトゥパットや、ココナッツミルクをかけた米をバナナの葉で包んで蒸したブラサと一緒にいただきます。

では、このチョトの発祥はどこで、昔はどんなものだったのでしょうか。実際にお店に入ったら、どんな風にして食べるのでしょうか。スープにはどんな調味料が使われているのでしょうか。

そんなことを知って食べたら、チョトが一段とおいしく感じるに違いありません。

では、これらの問いの答えを見てみましょう!

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

マジェネで食べたマンダール料理(松井和久)

2018年02月07日号 vol.15

クンダリのサゴ椰子料理、その名はシノンギ(松井和久)

2018年01月22日号 vol.14

マカッサルかた焼きそば物語(松井和久)

2018年01月07日号 vol.13

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)