よりどりインドネシア

2018年12月08日号 vol.35

ロンボクだより(14) 幼稚園の制服(岡本みどり)

2018年12月08日 21:18 by Matsui-Glocal

今回は、娘の幼稚園の制服をめぐるお話です。10月になって、下の写真のような制服がやっと届きました。その顛末は次のようなものでした。

娘の通う幼稚園は、7月19日に新しい一年が始まりました。その1ヵ月ほど前に、入園予定者は制服をつくるため、体の寸法を測りました。

入園前日、「制服がまだ出来ていないので、当面は清潔な服装で幼稚園に来るように」と連絡を受けました。この時は、「インドネシアらしいなぁ」と私もまだ余裕の微笑み。

ですが、7月の終わりごろにもなると、「そろそろ制服を配ってほしいよね」とお母さんたちと話していました。

そして、8月5日の地震。

幼稚園は約1ヵ月後に再開しました。はじめはまだ園児達も戻ってこず、10月に入ってようやく大勢の子どもたちの顔が揃いました。

ところが体操服が支給されただけで、まだ制服が配られません。みな地震で家や服を失っていることもあり、制服があると服装のことで、気を揉まずにすむのですが・・・。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ロンボクだより(24): バヤン地区の手織り布(岡本みどり)

2019年10月08日号 vol.55

いんどねしあ風土記(6): インドネシア映画からみた独立史探訪 〜東ジャワ州スラバヤ~(横山裕一)

2019年10月08日号 vol.55

スラウェシで綿花栽培に挑んだ宮地貫道のこと ~木村達也著『宮地貫道伝 -信念と気骨の明治人-』から~(脇田清之)

2019年10月08日号 vol.55

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)