よりどりインドネシア

2018年11月08日号 vol.33

「社会」に関連する記事

ブル島ハゲ山の違法金採掘をめぐって(松井和久)

マルク州のブル島といえば、インドネシアを代表する作家であるプラムディヤ・アナンタトゥールが送られた島として記憶されている方も多いと思います。彼は、1965年9月30日事件を起...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2018年11月08日号 vol.33

ウォノソボライフ(10) とある伝説と村祭り(神道有子)

毎年、イスラム暦の新年を過ぎると、私の村では、村祭りの準備が始まります。一年に一度の盛大なお祭り! 当日は朝からガムランが鳴り響き、村民はジャワの正装をします。椰子の葉や稲穂...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2018年10月23日号 vol.32

スラウェシ中部地震・津波の被災地はどんな地域なのか 〜中スラウェシ州パル市、ドンガラ県、シギ県〜(松井和久)

(本記事の無料公開は10月12日で終了いたしました)日本でも連日大きく報道されているスラウェシ中部地震ですが、国家災害対策庁(BNPB)の発表によると、2018年10月12日...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2018年10月09日号 vol.31

ロンボクだより(12) 異教徒との共生(岡本みどり)

前回に続き、震災時の話です。私の住んでいる地域はロンボク島の北西部にあり、イスラム教、バリ・ヒンドゥー教、仏教の三つの宗教の人々が入れ混じって住んでいます。入れ混じっていると...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2018年10月09日号 vol.31

ウォノソボライフ(9) どうなる?ウォノソボの中心街(神道有子)

去る8月23日、ウォノソボ の中心街でちょっとした騒ぎがありました。もくもくと空へ昇る黒煙。よく見なくても火事です。場所は、県内で最も大きな市場、パサール・インドゥック・ウォ...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2018年09月23日号 vol.30

(コラム)隠される格差、作られる「格差」(松井和久)

宅地開発が始まる前のあるマカッサル市近郊の風景(2008年9月30日)●中間層の台頭中間層の台頭。これがマーケットとしてのインドネシアの魅力を高める現在の常套文句です。以前、...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2018年09月23日号 vol.30

マラン市のゴミ銀行(松井和久)

マラン市ゴミ銀行(Bank Sampah Malang)以前、マラン市にある「ゴミ銀行」を訪問したことがありました。「ゴミ銀行」とは一体どんなものなのか、ちょっと興味がわきま...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2018年09月07号 vol.29

2015年に67.8%成長したモロワリ県で何があったのか(松井和久)

ここ数年のインドネシア経済は5%前後の成長に留まり、目標としていた6~7%成長を達成できていません。もっとも、世界経済の低迷を勘案するならば、インドネシアもそれなりに底堅い経...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2018年08月09日号 vol.27

ロンボクだより(10) “kasih pinjam” の謎(岡本みどり)

結婚した当初、親族たちが私の貸した本を返さないことが幾度となくありました。こちらではそういうものなのかもしれないけれど、いい気はしません。「あなた、"pinjam"(借りる)...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2018年07月09日号 vol.25

ウォノソボライフ(6) バルーンのゆくえ(神道有子)

インドネシア最大の祝日、断食明け大祭レバランが今年も無事に終わりました。都市部から帰省していた人々が、また都会へと帰っていくUターンで、各地で渋滞となっていますね。こちらも、...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2018年06月23日号 vol.24

ロンボクだより(9):断食月とロンボク島の観光開発(岡本みどり)

マンダリカ地域の開発の様子(2017年8月撮影)。現在、ここに石畳が敷かれている。前回に続き、断食月の話です。今回は断食月を通して聞いた住民の声をお届けします。我が家は、「ゲ...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2018年06月09号 vol.23

ウォノソボ・ライフ(5) :異教徒は隣人(神道有子)

5月、断食を目前に控えた日曜日、陰惨なテロが起きてしまいました。既に多くの報道があった通り、スラバヤの教会を狙ったもので、たくさんの死傷者が出ています。それから一週間もしない...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2018年05月23日号 vol.22

議会法改正と刑法改正案をめぐって ~インドネシアの民主主義も後退するのか~(松井和久)

3月12日、国民協議会(MPR)・国会(DPR)・地方代議会(DPD)・地方議会(DPRD)法(以下、議会法)の改正が成立しました。この改正議会法は、1カ月前に国会を通過した...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2018年03月23日号 vol.18

コラム:村を存続させたのは美しき誤解なのか(松井和久)

2003年2月、筆者は、日本の大学院生(留学生を含む)とインドネシア人大学生との合同チーム計20人と一緒に、南スラウェシ州ブルクンバ県のある村に行き、約一週間、ホームステイを...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2018年03月07日号 vol.17

バックナンバー(もっと見る)