よりどりインドネシア

2021年05月07日号 vol.93

「食材」に関連する記事

ウォノソボライフ(39):内陸おサカナ事情(神道有子)

インドネシアといえば、東南アジア随一の島嶼国家です。旅行者にとっても海やビーチのイメージは強く、実際に、海洋資源は住民の生活のうえでも政治経済のうえでも、大変重要な位置づけと...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2021年03月22日号 vol.90

ウォノソボライフ(34):静かなるバリケン専門店ブーム(神道有子)

インドネシアでは家庭で様々な家禽が飼われています。鶏、アヒル、ガチョウ、七面鳥・・・。ときには、こんな鳥を見たこともあるのではないでしょうか?一見したらアヒルですね。実際にア...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2020年10月22日号 vol.80

いんどねしあ風土記(18):ヌサンタラ・コーヒー物語(前編)〜コーヒールネッサンス~(横山裕一)

政府によると、新型コロナウィルス流行で各産業界が打撃を受けるなか、インドネシアではコーヒー産業が好調だという。とくに、エジプトへのコーヒー豆輸出の増加が顕著で、2020年2月...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2020年06月22日号 vol.72

骨の髄までしゃぶりまスープ(松井和久)

インドネシアで最も豪快な食べ物といえば、牛の脚の骨付き肉のスープでしょうか。一般に、ソプ・キキル(Sop Kikil)といいます。注文すると、しばらくしてドーンと出てくる牛の...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2019年12月08日号 vol.59

プカンバルでムラユ料理の魅力にハマる(松井和久)

リアウ州の州都プカンバルは人口約90万人、スマトラ島ではメダン、パレンバンに次いで人口の多い町です。もともとはムラユ族の町でしたが、現在ではムラユ族が支配的な地位にあるわけで...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2019年11月10日号 vol.57

モリンガはインドネシアのフツーの食材(松井和久)

皆さんは、モリンガ(moringa)という植物をご存知でしょうか。日本語名ではワサビノキとも呼ばれ、モリンガは、ワサビノキ科ワサビノキ属の一種の属名です。学名はmoringa...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2019年01月23日号 vol.38

世界一と認定された「ルンダン」は実に奥深い食べ物!(水谷研也)

インドネシアの食べ物は?と聞かれると何を思い浮かべるでしょうか?ナシゴレン?サテ?などなど、食べたことのある人には、それぞれで思い出の味があると思います。今回は、インドネシア...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2019年01月08日号 vol.37

今はなきパルのカイリ料理レストラン(松井和久)

1995〜2001年、在マカッサルJICA長期専門家(地域開発政策アドバイザー)を務めていた際にも、中スラウェシ州の州都パルをよく訪問しました。以下は、その時の思い出話です。...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2018年10月09日号 vol.31

ウォノソボ・ライフ(3) キャッサバ七変化(神道有子)

●南国といえば、これ!インドネシアで広く食べられているキャッサバ。栽培は簡単で、あまり手をかけずともぐんぐん育ちます。味もクセがなくシンプルなのに、芋特有のホクホク感はしっか...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2018年03月23日号 vol.18【無料全文公開】

ルマジャンのヤギ肉のクレンセンガン(松井和久)

ときどき、どうしても食べたくなるジャワ料理があります。それは、クレンセンガン(krensengan)という煮込み料理です。今回ご紹介するのは、東ジャワ州ルマジャンで食べたヤギ...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2018年03月07日号 vol.17【無料全文公開】

ウォノソボ・ライフ(2) ダウェット24時 〜2人の道化の謎を追え〜(神道有子)

●デザートから始まる物語突然ですが、クイズです。これは何でしょう?ヤシ砂糖で味付けしたココナッツミルクに、パンダンの葉で香りと色付けをした米粉のゼリーを入れたデザート。インド...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2018年01月22日号 vol.14【無料全文公開】

クンダリのサゴ椰子料理、その名はシノンギ(松井和久)

以下は、2008年6月10~14日に東南スラウェシ州クンダリへ出張したときに食べた、地元料理のお話です。注文したのは、地鶏のタワオロホ煮込み、シノンギ、茹でホウレン草の3品。...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2018年01月22日号 vol.14【無料全文公開】

マカッサルかた焼きそば物語(松井和久)

カリカリに揚げた中華麺の上にトロッと餡(あん)のかかったかた焼きそば。日本では、長崎の皿うどんもその一つですが、インドネシアの美味しいかた焼きそばと言えば、やはりマカッサルで...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2018年01月07日号 vol.13【無料全文公開】

トラジャ料理の「黒」の正体、パマラッサン(松井和久)

南スラウェシ州の北側に位置するトラジャは、日本ではトラジャ・コーヒーでおなじみの高品質コーヒーの産地として有名です。前回の「よりどりインドネシア」第11号では、トラジャの生活...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2017年12月22日号 vol.12【無料全文公開】

大豆発酵食品テンペの裏側(松井和久)

アジアの三大大豆発酵文化圏といえば、日本、中国・雲南、そしてインドネシア。インドネシアの大豆発酵食品といえば、もちろんテンペです。テンペは、大豆をテンペ菌で発酵させたもので、...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2017年09月22日号 vol.6【無料全文公開】

バックナンバー(もっと見る)