よりどりインドネシア

2020年07月08日号 vol.73

インドネシア政経ウォッチ

コロナ禍での中国人労働者の入国許可問題(松井和久)

インドネシアでの新型コロナウィルス感染状況は、世界各国から見ると、数のうえでは少ないように見えますが、まだまだ予断を許さない状況にあります。2020年7月6日現在、これまでの...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal

他の号の記事

「国産品を愛せ、外国産品を嫌え」~大統領発言の裏側~(松井和久)

冒頭のタイトルは、3月4日、ジョコ・ウィドド(通称・ジョコウィ)大統領が商業省全国作業部会で行なった開会挨拶の一節です。大統領は商業省に対して、国産品市場を発展させるための政...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2021年03月22日号 vol.90

民主党の「臨時党大会」と「新党首」の選出 ~2024年大統領選挙へ向けて民主主義は遠のくのか~(松井和久)

今回は久々に政治の話を書きます。そう思ったきっかけは、3月5日、民主党(Partai Demokrat)の「臨時党大会」が開催され、大統領府長官のムルドコ(Moeldoko)...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2021年03月07日号 vol.89

新型コロナ禍で耐えるインドネシア経済 ~マイナス成長下での失業と貧困~(松井和久)

2021年2月5日、インドネシア中央統計庁(BPS)は2020年のGDP成長率がマイナス2.07%だったと発表しました。四半期別では、前年同期比で、2020年第1四半期が2....

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2021年02月22日号 vol.88

ガソリン車から電動車へ ~電気自動車時代を目指す2つのロードマップ~(松井和久)

インドネシアを訪れると、必ずや、道行く自動車のほとんどが日本企業による「日本車」であることに気づかれることと思います。正確に言うと、インドネシアの日系現地法人が製造したインド...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2021年02月07日号 vol.87

新型コロナワクチン接種は拙速だったか(松井和久)

インドネシアの人々と一緒に活動していて、計画や段取りを固めたり、何回か試してみたりする前にとにかく実行してしまう、といった経験をお持ちの方は、けっこういるのではないでしょうか...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2021年01月22日号 vol.86

FPIとその大衆動員力をどうみるか(松井和久)

2020年12月30日、政府は、6閣僚・高官の共同決定書により、イスラム強硬派団体として名高いイスラム擁護戦線(FPI: Front PembelaIslam、以下FPIとす...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2021年01月08日号 vol.85

地方首長選挙と王朝政治 ~ジョコウィ長男のソロ市長選挙立候補をどうみるか~(松井和久)

日本ではほとんど報道されませんでしたが、インドネシアでは2020年12月9日、全国270の地方自治体で統一地方首長選挙の投票が行われました。270の地方自治体の内訳は、9州、...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2020年12月22日号 vol.84

パプア特別自治の行方と分離独立運動の今後(松井和久)

毎年12月1日は、インドネシア治安当局にとって最も注意すべき日の一つとなっています。なぜなら、この日は、インドネシアからの独立を主張する独立パプア運動(OPM)などの分離主義...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2020年12月07日号 vol.83

2021年、国営企業は海外を目指す(松井和久)

日本のメディアでは報じられませんでしたが、2020年11月4~6日、エリック・トヒル国営企業大臣ら一行が日本を訪問し、西村経済再生担当大臣はじめ政府関係者や民間企業関係者と面...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2020年11月22日号 vol.82

再登場した食料基地プロジェクト(松井和久)

新型コロナウィルス感染拡大が続くなか、国連食糧農業機関(FAO)は世界に向けて食料の安全保障の必要性を訴えています。インドネシアでも、新型コロナウィルス感染拡大の影響が長期化...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2020年11月07日号 vol.81

雇用創出法(オムニバス法)反対デモ暴動化の背景(松井和久)

筆者は前号(『よりどりインドネシア』第79号)で、2020年10月5日に国会で成立した雇用創出法(オムニバス法)の概要を説明しました。おさらいになりますが、同法の目的は、様々...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2020年10月22日号 vol.80

政府は雇用創出法(オムニバス法)の成立をなぜ急いだのか(松井和久)

インドネシア国会は2020年10月5日、雇用創出法(UU Cipta Kerja)を成立させました。国会法務委員会での審議は10月3日に終了したばかりで、そのわずか2日後に成...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2020年10月07日号 vol.79

新型コロナウィルス感染対策に打つ手はないのか ~政府・保健省の不作為?~(松井和久)

インドネシアでジョコ・ウィドド大統領が正式に新型コロナウィルス感染を発表した2020年3月2日から6ヵ月余が過ぎました。新型コロナウィルス感染拡大は収束の気配もなく、新規感染...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2020年09月22日号 vol.78

2021年度予算案と今後の経済の展望(松井和久)

インドネシアにおける新型コロナウィルス感染拡大は、当初、ピークと見なされた8月になっても収束の気配は見えず、2020年内、あるいは来年まで続くのではないかという声が出始めてい...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2020年08月23日号 vol.76

インドネシア米農業の現状を概観する(松井和久)

新型コロナウィルス感染症が世界中へ拡大し、対策もワクチンも不確かな状態がまだしばらく続きそうです。もはや元の世界へは戻れないと人々は自覚し、コロナとともに生きる「新しい日常」...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2020年08月08日号 vol.75

感染対策から経済回復へ舵を切ったジョコ・ウィドド政権(松井和久)

新型コロナウィルスの感染拡大の影響は、予想通り、長期化の様相を見せています。日本を含む多くの国々で、感染拡大の第二波を警戒しつつも、経済を回す必要から、コロナとの共存を前提と...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2020年07月22日号 vol.74

インドネシアと新型コロナウィルス対策(6):新型コロナウィルス感染状況と「ニュー・ノーマル」(松井和久)

5月24日は、本来ならば、インドネシアが一年で最も喜びにあふれるイスラム教の断食明け大祭(イドゥル・フィトゥリ)。しかし、今年は、おそらく初めて、大勢で喜びを分かち合えない、...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2020年05月22日号 vol.70

インドネシアと新型コロナウィルス対策(5):インドネシア経済への影響と政府の新型コロナウィルス対策(松井和久)

●インドネシア国内の感染推移状況は日本と似ているまず初めに、2020年4月23日発行の前号(『よりどりインドネシア』第68号)以降、2020年5月7日までの、インドネシア国内...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2020年05月07日号 vol.69

インドネシアと新型コロナウィルス対策(3):感染は中央から地方へ、州都から県・市へ(松井和久)

インドネシアにおける新型コロナウィルスの感染状況は、4月10日に感染者が全34州に広がり、以後、感染者数、死者数、治癒者の増加が続いています。国家防災庁(BNPB)による新型...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2020年04月23日号 vol.68

インドネシアと新型コロナウィルス対策(1): 感染拡大のなか医療崩壊へ進み始めたか(松井和久)

2020年4月6日、日刊紙『コラン・テンポ』(Koran Tempo)は1面の全面に24人の顔写真を掲載しました(下写真)。それは、インドネシアで初の新型コロナウィルス感染者...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2020年04月08日号 vol.67

バックナンバー(もっと見る)