よりどりインドネシア

2018年04月23日号 vol.20

いくつものインドネシア

ウォノソボ・ライフ(4): 昔話:暗闇と生きる(神道道子)

夕方、日も暮れる時間帯。用事があってよそのお家を訪ねると、電気がついておらず家の中がほぼ真っ暗・・・ということがあります。一見、留守のように見えますが、それでも「ウーン(wun …

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal

バタック族の作曲家、ナフム・シトゥモランを知っていますか(松井和久)

インドネシアで音楽の得意な種族といえば、北スマトラ州のバタック族、北スラウェシ州のミナハサ族、そして、マルク州のアンボン族、などが挙げられます。彼らは、キリスト教徒(プロテスタン…

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal

他の号の記事

ロンボクだより(76):メガネの行方(岡本みどり)

みなさん、こんにちは。今年の日本のシルバーウィークはあまり天気に恵まれないようですね。ロンボク島もこのところ暴風雨が続いて、我が家はたびたび停電しています。天気が崩れると気分もい…

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2022年09月22日号 vol.126

ウォノソボライフ(55):特産ハーブ、プルワチェンの軌跡(神道有子)

マグラン方面からウォノソボへ入ってくると見えてくる、独特なモニュメント。黄色い果物は『よりどりインドネシア』第40号の拙稿でご紹介した、高原パパイヤのカリカです。そのカリカの下か…

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2022年09月22日号 vol.126

いんどねしあ風土記(38) 東ティモール独立20年(前編):不屈の報道記者たち ~東ティモール・ディリ~(横山裕一)

東ティモールがインドネシアから独立して20年を迎えた。300年余りにわたるポルトガル植民地を経て、その後武力併合したインドネシアとの武力闘争、独立運動の末に勝ち得た国家独立。現在…

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2022年09月22日号 vol.126

ロンボクだより(75):突然の終止符(岡本みどり)

(編集者注)本稿は、2022年8月8日発行の『よりどりインドネシア』第123号に所収の「ロンボクだより(73)」の続きです。2018年に起きたロンボク地震の記憶をつづります。なお…

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2022年09月08日号 vol.125

ラサ・サヤン(34)~アフターコロナの観光業~(石川礼子)

●超高級ホテルラッシュ昨今、ジャカルタやバリ島で超高級ホテルの開業が続いています。ジャカルタでは、昨年(2021年)3月に5つ星ホテル"InterContinental Jaka…

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2022年09月08日号 vol.125

BOP層コミュニティを歩く(2013~2014年)(3):スラバヤでの家庭訪問(その2)(松井和久)

以下は、2014年2月に書いた文章です。この頃、いわゆるBOPビジネス支援という業務の関係で、ジャカルタやスラバヤの低所得層(以下、BOP層と記述)のご家庭を訪問することがよくあ…

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2022年09月08日号 vol.125

ロンボクだより(74):独立記念日と衣装(岡本みどり)

みなさん、こんにちは。先日、こちらではコロナ騒ぎの発生以来、実に3年ぶりに大々的にインドネシアの独立記念日を祝いました。記念日の前後一週間ほど、さまざまなイベントが行われ、久しぶ…

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2022年08月22日号 vol.124

ラサ・サヤン(33):~インドネシアのマッチング・アプリ事情~(石川礼子)

●マッチング・アプリの活用今年6月、東ジャワ州パスルアンに住む義妹の息子(主人の甥に当たる)が中部ジャワ州マゲランの女性と結婚しました。甥は25歳、お嫁さんは30歳という姉さん女…

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2022年08月22日号 vol.124

ウォノソボライフ(54):極寒の!?ディエン高原(神道有子)

8月となり、日本での猛暑のニュースを涼しい当地で聞く季節がまたやってきました。毎年のことではありますが、日本が暑い暑いと呻いている時期は、インドネシアは比較的過ごしやすくなってお…

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2022年08月22日号 vol.124

ジャカルタ寸景(7):真夜中の独立記念式典(横山裕一)

●恒例の停電8月16日午後11時半頃、集合住宅の自室が突然真っ暗になる。照明だけでなく、クーラーもテレビも止まる。恒例の停電だ。しかも毎年この日恒例の、である。廊下に出ると通常の…

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2022年08月22日号 vol.124

ロンボクだより(73):ジョコウィ大統領がやってきた(岡本みどり)

(編集者注)本稿は、2022年7月9日発行の『よりどりインドネシア』第121号に所収の「ロンボクだより(71)」の続きです。2018年に起きたロンボク地震の記憶をつづります。なお…

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2022年08月08日号 vol.123

ジョグジャ・ドタバタ日記(6):「ないものはない」西スマトラ、「ないけどある」クロンプロゴ県 ―地方における大手コンビニ出店から考える―(沼澤うらら)

コロナがいったん収束し始めた3月頃から、とくに国内移動の要件であった抗原検査が免除されて以降、地方出張が堰を切ったように増え始め、7月までにジャカルタ以外ではマナド、パダン、ポン…

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2022年08月08日号 vol.123

いんどねしあ風土記(37)ミナンカバウ物語:現代に生きる母系社会とムランタウ ~西スマトラ州パダンパンジャン~(横山裕一)

多彩なパダン料理で有名なインドネシア西部、西スマトラ州のミナンカバウ民族。世界でも珍しい、母方の血筋で血縁集団が形成される「母系社会」を現代に引き継いでいる。また男性は大人になる…

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2022年08月08日号 vol.123

ロンボクだより(72):陰口との付き合い方(岡本みどり)

こんにちは。ロンボク島はよく晴れる日が続き、少しずつトマトの値段も戻ってきました。でも晴れたら晴れたで、乾燥と砂埃で喉がやられてしまいます。今回のロンボクだよりは、そんな喉元から…

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2022年07月23日号 vol.122

ラサ・サヤン(32)~インドネシアのLGBTQ事情~(石川礼子)

●LGBTQとは最近、SNS等で良く聞く言葉に"LGBTQ"があります。皆さん、ご存知ですか?LGBTQとは、"Lesbian(レスビアン)"、"Gay(ゲイ)"、"Bisexu…

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2022年07月23日号 vol.122

BOP層コミュニティを歩く(2):スラバヤでの家庭訪問(その1)(松井和久)

以下は、2013年9月に書いた文章です。この頃、いわゆるBOPビジネス支援という業務の関係で、ジャカルタやスラバヤの低所得層(以下、BOP層と記述)のご家庭を訪問することがよくあ…

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2022年07月09日号 vol.121

ロンボクだより(71):4,000人規模の避難地での生活(岡本みどり)

(編集者注)本稿は、2022年6月8日発行の『よりどりインドネシア』第119号に所収の「ロンボクだより(69)」の続きです。2018年に起きたロンボク地震の記憶をつづります。なお…

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2022年07月09日号 vol.121

BOP層コミュニティを歩く(2013~2014年)(1):相互扶助によるコミュニティ活動(松井和久)

以下は、2013年7月に書いた文章です。この頃、いわゆるBOPビジネス支援という業務の関係で、ジャカルタやスラバヤの低所得層(以下、BOP層と記述)のご家庭を訪問することがよくあ…

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2022年06月22日号 vol.120

ロンボクだより(70):インドネシア語をつかむ(岡本みどり)

こんにちは。ロンボク島では、雨続きの影響で、毎日の食卓に欠かせない唐辛子やトマトが高騰しています。あなたは値段が高すぎるとき、なんといって値下げを要求しますか?今回のロンボクだよ…

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2022年06月22日号 vol.120

ウォノソボライフ(53):ロケットチキン快進撃(神道有子)

インドネシア人は鶏肉大好き、というのはインドネシアに関わる大多数の人に共感してもらえる認識ではないかと思います。安価で大半の国民の宗教的なタブーにも触れず、また飼育も比較的手軽に…

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2022年06月22日号 vol.120

バックナンバー(もっと見る)