よりどりインドネシア

2017年07月22日号 vol.2

インドネシア地方ウォッチ

北スラウェシでの中国系セメント工場襲撃事件

前回の「よりどりインドネシア」創刊号では、中国から北スラウェシ州への観光客が激増しているという話題を取り上げました。インドネシアでの中国の影響力拡大は、首都ジャカルタよりもむ...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal

他の号の記事

インドネシアへの中国投資の現状(松井和久)

情報ウェブマガジン「よりどりインドネシア」では、これまでも何度かインドネシアへの中国投資について触れてきましたが、現状はどうなっているのか、ここで少し触れておきたいと思います...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2018年07月09日号 vol.25

なぜパプアでダビデの星がはためくのか(松井和久)

5月半ば、一見、奇妙な映像がインターネット上で流れ、インドネシア国内で騒然となりました。なぜなら、それは、イスラエル国旗を手にした多数の人々が街中をデモ行進する映像だからでし...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2018年06月09号 vol.23

マカッサル市長選挙は新人ペア1組のみが候補者に(松井和久)

今回のよりどりインドネシアの別稿「地方首長選挙で『空箱』と戦う」の最後で、「現職の候補者ペアの立候補が認められず、新人の候補者ペアの1組のみが立候補を認められるケースが出てき...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2018年05月09日号 vol.21

スラバヤの新バスは運賃をゴミでも支払える(松井和久)

2018年4月、スラバヤで新しい公共交通機関としてのバスが運行を開始します。このバスには、運賃をゴミでも支払えるという、ユニークな仕組みが導入されます。いったい、それはどのよ...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2018年04月08日号 vol.19

コラム:村を存続させたのは美しき誤解なのか(松井和久)

2003年2月、筆者は、日本の大学院生(留学生を含む)とインドネシア人大学生との合同チーム計20人と一緒に、南スラウェシ州ブルクンバ県のある村に行き、約一週間、ホームステイを...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2018年03月07日号 vol.17

アスマット県で麻疹と栄養不良で63人の子供が死亡(松井和久)

インドネシアの最東端にあるパプア州のアスマット県で、2017年9月から2018年1月16日までに、麻疹と栄養不良で63人の子供が死亡した、というニュースが反響を呼んでいます。...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2018年01月22日号 vol.14

「マドゥラ州」設立は認められず

10月19日、東ジャワ州マドゥラ島にある4県の夢である「マドゥラ州」設立の望みがいったん絶たれました。4県は、地方行政法における新自治体設立の規定が憲法違反にあたると訴えてき...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2017年10月22日号 vol.8

密かに広く地方で進行する違法な金採掘

約15年ほど前、西カリマンタン州のマンダールというところへ行きました。このマンダールは、第2次世界大戦中、日本軍による住民虐殺事件が起こった場所として、現地では記憶されていま...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2017年09月07日号 vol.5

ジャカルタ湾の埋め立てプロジェクト問題(大島空良)

バリ島に行ったことがある人は"Tolak Reklamasi"という看板を見たことがあるかもしれません。"Reklamasi"とは埋め立て、"Tolak"は拒否を表すインドネ...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2017年09月07日号 vol.5

外国人観光客が急激に押し寄せる北スラウェシ州

中央統計局によると、2017年1~5月の外国人来訪者数は前年同期比20.9%増の545万8,489人でした。インドネシアは観光を重要な外貨獲得源と位置づけ、ジャワ島やバリ島以...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2017年07月07日号 vol.1

バックナンバー(もっと見る)

2018年06月09号 vol.23

予定より2日遅れましたが、よりどりインドネシア第23号を発行しました。カバ...