よりどりインドネシア

2017年07月22日号 vol.2【無料全文公開】

インドネシア地方ウォッチ

北スラウェシでの中国系セメント工場襲撃事件(松井和久)

前回の「よりどりインドネシア」創刊号では、中国から北スラウェシ州への観光客が激増しているという話題を取り上げました。インドネシアでの中国の影響力拡大は、首都ジャカルタよりもむ...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal

他の号の記事

オイルパーム農園開発と闘う慣習法社会 ~中カリマンタン州キニパンの土地紛争~(松井和久)

経済開発に付随して起こる、開発する側と開発される側との間で生じる土地紛争は、インドネシアでは、1960年代から続く大きな問題です。大統領府土地問題解決促進チームによると、20...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2020年09月07日号 vol.77

新型コロナをめぐるマカッサルの3事件(松井和久)

インドネシアの新型コロナウィルス感染拡大は、収束の気配を見せることなく、全国へ拡散し続けています。断食月頃、いったん収まりかけたかに見えた首都ジャカルタでも毎日100人以上の...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2020年06月22日号 vol.72

スラバヤの東南アジア最大の売春街は今 ~中小企業センターへの変貌~(松井和久)

誰がどうやって計ったのかは知りませんが、東ジャワ州の州都スラバヤには、タイのパッポンやシンガポールのゲイランを上回る、東南アジア最大の売春街が存在しました。存在しました、とい...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2020年06月07日号 vol.71

インドネシアと新型コロナウィルス対策(4):地方の人々は伝統や慣習法でどう立ち向かおうとしているのか(松井和久)

インドネシアの新型コロナウィルス感染は、感染者数や死者数の増加が止まらないだけでなく、首都ジャカルタやジャワ島の都市部から地方へと拡散が進んでいます。本誌の別稿でも触れたよう...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2020年04月23日号 vol.68

カツラ、マフラー、そして映画 ~もっと知ってほしい中ジャワ州プルバリンガ県~(松井和久)

中ジャワ州の南西に位置するプルバリンガ(Purbalingga)県。西隣にはプルウォクルトを県都とするバニュマス県があり、北はプマラン県と接しています。また、東・南隣はバンジ...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2020年03月10日号 vol.65

コナウェ県の架空村騒動と村落資金(松井和久)

2019年11月4日、スリ・ムルヤニ財務大臣が国会第9委員会において、「村落資金(DanaDesa)を受け取るために、実体のない架空村が作られているとの報告がある」と発言し、...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2020年01月08日号 vol.61

西スマトラ州2県でのクリスマス礼拝禁止をめぐって(松井和久)

インドネシアといえば、2010年人口センサスによると、人口の87.18%をイスラム教徒が占める国ですが、それに次ぐのがキリスト教徒です。キリスト教徒全体で、全人口の約1割(プ...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2019年12月23日号 vol.60

連続コラム・パプア(2):差別されるパプア、差別するパプア ~土着パプア人とは誰か~(松井和久)

●差別されるパプア2019年8月半ば、マランやスラバヤでのパプア人学生に対する治安当局などの侮蔑的言動が引き金となって、パプア州・西パプア州の各地などで暴動を伴う広範な抗議行...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2019年09月23日号 vol.54

震災後のパルでの未成年早婚問題(松井和久)

中スラウェシ州パル市、ドンガラ県、シギ県を襲った地震、津波、液状化から約8ヵ月が過ぎました。被災地では、瓦礫の撤去や仮設住宅の建設が行われ、再建へ向けての動きが進んでいますが...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2019年07月07日号 vol.49

西スマトラ州パヤクンブ市は「ルンダン」の町へ(松井和久)

出張で6月21~22日、西スマトラ州のパヤクンブ市(Kota Payakumbuh)を訪問しました。パヤクンブは、州都パダンから120キロ、隣接する観光都市ブキティンギから3...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2019年06月24日号 vol.48

パプア道路工事作業員殺害事件、その後(松井和久)

2018年12月2日にパプア州ンドゥガ県で道路工事作業員が襲撃されました。「よりどりインドネシア」の前号(第36号)では、この事件をめぐる政府・軍側と現地・キリスト教会側との...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2019年01月08日号 vol.37

パプア道路工事作業員殺害をめぐる証言(松井和久)

2018年12月2日、パプア州ンドゥガ県で、トランス・パプア道路建設工事中の作業員ら多数が殺害されるという、痛ましい事件が起こりました。メディア報道では、これだけ多数の一般人...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2018年12月23日号 vol.36

スラウェシ中部地震被災地への訪問記(2) ~建物の観点を中心に~(松井和久)

2018年11月21~23日、スラウェシ中部地震被災地のパル市、シギ県、ドンガラ県を訪問し、短い時間ではありましたが、本震から2ヵ月が経とうとする被災地の状況を実際に見てきま...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2018年12月08日号 vol.35

スラウェシ中部地震被災地への訪問記(1)(松井和久)

今号と次号の2回に分けて、2018年11月21~23日に訪問した中スラウェシ州パル市、シギ県、ドンガラ県で見聞した内容を報告します。なお、これら被災地についての説明は、よりど...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2018年11月24日号 vol.34

ブル島ハゲ山の違法金採掘をめぐって(松井和久)

マルク州のブル島といえば、インドネシアを代表する作家であるプラムディヤ・アナンタトゥールが送られた島として記憶されている方も多いと思います。彼は、1965年9月30日事件を起...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2018年11月08日号 vol.33

スラウェシ中部地震・津波の被災地はどんな地域なのか 〜中スラウェシ州パル市、ドンガラ県、シギ県〜(松井和久)

(本記事の無料公開は10月12日で終了いたしました)日本でも連日大きく報道されているスラウェシ中部地震ですが、国家災害対策庁(BNPB)の発表によると、2018年10月12日...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2018年10月09日号 vol.31

ロンボク地震について取り敢えずのメモ(松井和久)<全文無料閲覧可>

北ロンボク県の滝の入口に近い保養地から北海岸を臨む2018年7月29日以降、ロンボク島を震源とする地震が現在に至るまで続いています。大きなものは、7月29日(日本時間午前7時...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2018年08月09日号 vol.27

2015年に67.8%成長したモロワリ県で何があったのか(松井和久)

ここ数年のインドネシア経済は5%前後の成長に留まり、目標としていた6~7%成長を達成できていません。もっとも、世界経済の低迷を勘案するならば、インドネシアもそれなりに底堅い経...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2018年08月09日号 vol.27

統一地方首長選挙の結果:州知事編(その2)(松井和久)

今号では、前号(よりどりインドネシア第25号)で取り上げなかった残り9州の州知事選挙結果を見ていきます。一連の州知事選挙を来年2019年の大統領選挙の前哨戦と捉えれば、有権者...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2018年07月23日号 vol.26

インドネシアへの中国投資の現状(松井和久)

情報ウェブマガジン「よりどりインドネシア」では、これまでも何度かインドネシアへの中国投資について触れてきましたが、現状はどうなっているのか、ここで少し触れておきたいと思います...

  いいね!   Matsui-Glocal Matsui-Glocal from 2018年07月09日号 vol.25

バックナンバー(もっと見る)