よりどりインドネシア

2023年01月22日号 vol.134

ロンボクだより(84):甘い蜜柑と苦い店員(岡本みどり)

2023年01月22日 19:48 by Matsui-Glocal
2023年01月22日 19:48 by Matsui-Glocal

みなさん、こんにちは。インドネシアは各地で地震が続くなか、春節が近づいてきました。街を歩いているときだけでなく、ウェブサイトの広告などでも赤い色がパッと目に飛び込んできます。

ですが、私の住んでいるあたりでは春節の気配はゼロ。いつもどおりの毎日です。今回は果物屋さんでの一コマをシェアします。

**********

去年、時期を同じくして、家の近くの大通りに二軒、果物屋ができました。

新しくできた果物屋

我が家から近いほうの果物屋は店が小さく、品揃えもそれほど多くありません。我が家から遠いほうの果物屋は大きく、輸入品を含めてさまざまな果物が売られていますが、値段はこちらのほうがやや高いです。

どちらも私たちの村でははじめての果物屋です。果物の大好きな私も娘も大喜び。二軒のお店を交互に利用して楽しんでいました。そのうち、普段はローカル市場で果物を買って、ローカル市場で手に入らない果物は我が家から遠いほうの果物屋で買うように落ち着きました。

ある日のこと。娘の学期末のテスト週間が終わったので、ご褒美を兼ねて我が家から遠いほうの果物屋へ行きました。ザッと見回して、濃いオレンジ色のおいしそうなミカンを買うことにしました。ローカル市場でもミカンは買えますが、皮が緑色で少し酸味の強い種類なんです。

顔見知りの店員さんがテキパキと果物の棚をきれいに整えたり、カゴを片付けたりしているなか、初めて見かける店員さんがミカンの山の前に座ったままで私たちに声をかけてきました。

しばらく話しているうちに、彼はこの近くに住んでおり、私の夫を知っていることがわかりました。年齢は30代の前半といったところでしょうか。このあたりの人にしては珍しく、髪を金色に染めていました。どうもこの店の店長のようです。

私も娘もミカンを買いたいだけなのに、彼は私たちの素振りに気づかず、プライベートな話をいろいろと質問してきます。

私が日本出身だとわかると、悪気はないのかもしれませんが、ちょいちょい棘のある失礼なコメントも挟んできました。

ちょっとぉ・・・私はだんだん彼を疎ましく感じ始めました。

**********

彼は相変わらずヘラヘラとした様子で私にこう尋ねました。

「ねえ、日本人ってまだLとRの発音が苦手なの?」

(⇒さすがに私も、日本人を馬鹿にした・・・)

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ロンボクだより(85):不安のやり場(岡本みどり)

2023年02月08日号 vol.135

ラサ・サヤン(39)~バタック人の知恵と失われる森林~(石川礼子)

2023年02月08日号 vol.135

いんどねしあ風土記(43):クロンチョン発祥の地・ポルトガル集落 ~ジャカルタ首都特別州~(横山裕一)

2023年02月08日号 vol.135

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)