よりどりインドネシア

2022年04月23日号 vol.116

ロンボクだより(66):断食月はなんのため?(岡本みどり)

2022年04月23日 09:18 by Matsui-Glocal

みなさん、こんにちは。日本はGW目前ですね。ロンボク島は雨の日がうんと少なくなり、乾季らしい風が吹くようになりました。

こちらは現在、断食月まっただ中。私は、今年の断食月は例年と違うことにトライしました。何だと思いますか?

では、どうぞ今回のロンボクだよりもお楽しみください。

**********

イスラム教の人たちはどうして1ヵ月も断食するの?と聞かれることがあります。私も、それは不思議に思っていました。なんのためなんでしょう?

書籍などによると、断食・斎戒の目的は諸説あります。たとえば、心身を浄めるため、貧しい人々の気持ちを理解するため、善行を積むため、など。

ですが、周りのムスリムに聞くと、答えはたいてい「イスラム教徒の義務だから」「コーランにそう書いてある」です。なるほど、アッラーが断食しなさいと言っているのだから、理由など求めなくてもいいのね。

さて、そんな断食月。私は今年も順調にキリリと断食を行っていました。が、どうも周りの人たちはそうではありません。キリリどころか、なんだかとっても楽しそう。

何が楽しみって、一日の断食が終わったあとの開放感、たくさんの料理、それに明け方まで続く友との語らいやワイワイ華やかな雰囲気です。

私はこの「お楽しみ感覚」が全く理解できませんでした。それどころか、「それって断食の意味あるの?」と思っていました。なぜなら・・・夜に寝ないで楽しくやるぶん、昼間は仮眠または熟睡状態だからです。

勤務校の生徒たちは遅刻したり眠そうにしたり。先生たちものんびりしているし、役所へ行っても平時に輪をかけてゆっくりペース。勉強も仕事もいつもの半分以下の力でしか行いません。それでも学校や職場に来ていたらマシで、寝て過ごす人もたくさんいます。

えー、断食って普通に過ごしながら食欲などの欲を断ったり善行を積んだりするものなんじゃないの? あなたたち、寝てるだけやん・・・。それに、夫が昼間寝ているのに、私は家事も育児も普通どおりなのも解せませんでした。「そんなん全然断食じゃないわ」

**********

なんだかイライラするので、Twitter で上記のような気持ちをつぶやきました。すると、私と同じ<インドネシア人ムスリムの妻>である女性たち数人から共感を得ました。「私も断食は修行だと思っちゃいます!」「でもインドネシアの人たちはとても楽しそうですよね~」

私は気がつきました。

(⇒ああ、そっか。『断食=修行』なのって・・・)

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ロンボクだより(68):セラッと呼ばれる人々(岡本みどり)

2022年05月23日号 vol.118

ウォノソボライフ(52):カネは村落の回りもの(神道有子)

2022年05月23日号 vol.118

ロンボクだより(67):心のケアで学んだこと(岡本みどり)

2022年05月07日号 vol.117

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)