よりどりインドネシア

2021年08月08日号 vol.99

ラサ・サヤン(20):華人系インドネシア人のアイデンティティの変化(石川礼子)

2021年08月08日 19:24 by Matsui-Glocal

今まで何度か書いていますが、私の主人は華人系インドネシア人です。彼の祖先は中国東北部からインドネシアに渡って来た「客家」(はっか)と呼ばれる民族です。

「客家」についても、以前、少し触れたことがありますが、インドネシアでは「客家」のことを“Khek”(ケッ)と言います。客家人はインドネシアをはじめ、タイ、マレーシア、シンガポールなどの東南アジア諸国に暮らす人も多く、世界の華人の1/3を占めるそうです。

インドネシアには客家人よりも福建人が多く、860万人の人口を占める華人系インドネシア人(インドネシア人口の約3%)のほぼ半分が福建人、次に客家人で約17%、そして広東人11.4%、潮州人7.4%という割合です。客家人は、主にジャカルタ、アチェ、北スマトラ、南スマトラ(パレンバン)、バンカ・ブリトゥン、ランプン、中部ジャワ、カリマンタン(ポンティアナック、バンジャルマシン)、南スラウェシ(マカッサル)、北スラウェシ(マナド)、アンボン、ジャヤプラに集中して住んでいます。

●アホック元ジャカルタ首都特別州知事

インドネシアで客家人として有名なのは、2017年に宗教冒涜の罪で二年間投獄され、2019年末、国営石油・ガス会社(プルタミナ)の首席監査役に任命されて公職に返り咲いたバスキ・チャハヤ・プルナマ(通称アホック)元ジャカルタ首都特別州知事でしょう。

アホックの登場は、華人系インドネシア人にとって大きな希望でもあり、また脅威でもありました。32年間続いたスハルト時代以降の華人系インドネシア人の政治家といえば、アブドゥラフマン・ワヒド大統領時代に、1999年10月から1年弱、経済担当調整相、そして2001年から約3年間、国家開発企画庁長官を務めたKwik Gian Gie(クイック・ギアン・ギー)くらいしか存在せず、華人系インドネシア人がこの先、政治の世界に入ることはほぼ無いだろうと思っていたのですが、2012年に現ジョコウィ大統領がジャカルタ首都特別州知事選に出馬するに伴い、副知事候補としてペアを組んだのがアホックでした。

ジョコウィ州知事候補とアホック副知事候補がお揃いのチェック柄のシャツを着用し、キャンペーンを行う様子を見るにつけ、多くの華人系インドネシア人は、まるで親戚の一人が立候補したかのように誇らしく感じ、心から応援したのではないかと思います。

アホックは、2005年に東ブリトゥン県で華人初の県知事に就任し、当時のアブドゥラフマン・ワヒド大統領から「東ブリトゥン県において、医療費を無料にするなど、県民に最高のプログラムを実施した」と高く評価されますが、2007年の県知事選ではライバルに敗北してしまいます。その後、2009年から国会第2委員会(内務、地方自治、行政改革、農事担当)所属議員として活躍します。

ジャカルタ首都特別州副知事に就任してからのアホックの功績は知られるところですが、2014年11月にジョコウィ元州知事が大統領に就任するに伴って、アホックがジャカルタ特別州知事に就任した途端、初の華人、しかもプロテスタント教徒の知事就任に対して、イスラム教徒強硬派のイスラム擁護戦線(FPI)が集団攻撃します。この時は、アホックを誇らしく思っていた多くの華人系インドネシア人たちも流石に恐怖に慄きました。それでも、州知事に就任したアホックは、ジョコウィ前州知事と共に行った官僚機構改革を引き継ぎ、2015年に約2,000の管理職ポストを廃止し、管理職員を一般職員に降格するなど、かなり強硬な改革を推進します。と同時に、アホックの怒鳴るような話し方や、荒っぽい言葉使いが問題になり、私も含め華人系インドネシア人は冷や冷やしたものです。それは、アホックが社会から嫌われると、同じ華人系インドネシア人の安全も脅かされるリスクが高まるからです。アホックが潔白で公平な政治を目指していて、日々、実践していることは明白なのですが、波風立てないことを美徳とするインドネシア社会の風潮の中で、アホックの余りに大胆な言動に腹を立てる華人系インドネシア人も少なくありませんでした。この頃、私の主人は毎日、アホックの言動をつぶさにYouTubeで追っていました。

そして、二期目の知事選期間中の2017年4月に、アホックはイスラム教聖典クルアーンの一説に触れたことが宗教冒涜罪にあたるとして起訴され、5月9日に有罪判決を受けます。禁錮1年、執行猶予2年の求刑に対して、禁錮2年という厳しい判決が下されたのは政治的背景があることを示唆していました。

ジョコウィ州知事候補とペアでキャンペーンするアホック副知事候補

アホックが州知事に就任してから庶民の賛否両論が絶えなかった

禁錮2年の判決を受けたアホック前州知事

その一方、エンターテイメントの世界では多くの華人系インドネシア人がTVやスクリーンを通して見られるようになっていきました。

歌手では、1980年代後半から活躍するインドネシア3歌姫のうちの一人、Titi DJ、1990年代後半からTVドラマの子役として活躍し、2003年に歌手デビュー、今や世界を股に掛けるAgnez Mo、2018年にリリースした初アルバムがアメリカ・ビルボード200の18位にランクされたラッパーのRich Brian(実家が私の家の隣の住宅街らしい)などが有名どころです。最近のヒップホップやR&Bの若いインディーズ・アーティストたちには華人系インドネシア人も多いようです。2018年にジャカルタとパレンバンで開催されたアジア大会の開会式と閉会式の音楽ディレクターも、それまで無名だった、若干33歳の華人系インドネシア人、Ronald Stevenというミュージシャンが抜擢されました。

映画の世界では2000年以降、華人系インドネシア人の活躍は目覚ましく、Ferry Salim、Laura Basuki、Joe Taslim、Ernest Prakasa、Daniel Mananta、Morgan Oey、Baim Wong、Cathy Sharon、Boy William、Dion Wiyokoなど、華人系人気俳優が存在します。

華人系インドネシア人の歌手や俳優は、人数的にはまだ少ない。

The Jakarta Post記事の抜粋

この20年間で、政治の世界やエンターテイメントの世界だけでも、上記のように華人系インドネシア人のアイデンティティは大きく変化しています。それでは、一般の華人社会では、どうなのでしょうか。

自分も華人系インドネシア人である記者が書いた興味深い記事がThe Jakarta Postにありましたので、翻訳しました(意訳有)。文章内の写真の一部は記事に掲載されていたものをそのまま転載しています。

*******

華人系インドネシア人のアイデンティティの変化(2021年2月13日付記事)

~多くの華人系インドネシア人の若者は、多文化背景のバランスを保つ術を見い出した~

今の時代、華人系インドネシア人であることは、とても悩ましい。私は見た目が明らかに中国人で、家族と春節を祝い、アンパオ(春節に配るお年玉)を子どもの頃に貰っていた。しかし、両親は中国語ではなく、ジャワ語で会話する家庭に育った。私自身も中国語は話さないし、名前も非常にジャワ風である。そのため、自分がどの文化に適しているのか、しばしば困惑してしまうのである。

これは、華人系インドネシア人の若者が良く感じるジレンマであり、彼らの多くが華人というアイデンティティを脱ぎ捨てて、「同化」を選択するようになる。2010年の調査に依ると、華人系インドネシア人の24%はいまだに中国語を主言語としているという。

元宵節(旧正月の15日目の祝日)に中国寺で供え物を捧げる華人系インドネシア人

(以下に続く)

  • 目立たないことを強制された
  • 今後の展望
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ロンボクだより(55):楽して作りたいんです、ナシラスール(岡本みどり)

2021年10月22日号 vol.104

ウォノソボライフ(45):未確認生物口伝(神道有子)

2021年10月22日号 vol.104

ボゴール夜の植物園をめぐって(松井和久)

2021年10月08日号 vol.103

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)