よりどりインドネシア

2021年04月23日号 vol.92

ロンボクだより(43):断食月にめぐるもの(岡本みどり)

2021年04月23日 14:42 by Matsui-Glocal

今年も断食月がやってきました。

日本で年末年始に多くのお金が出入りするように、断食月から断食明け大祭にかけて大きくお金が動きます。人の流れも激しくなり、去年はさすがに人々の足が鈍った近所の市場も、今年の断食月は例年どおりの活況を見せています。

もう一つ盛んになるもの、それはおすそ分け。今日はおすそ分けに関して書いていきますね。

**********

断食月を迎えて三日目。私はふと向かいの家に一人で住むCさん(仮名)のことが気になりました。Cさんは60歳ほどで、今は一人暮らしです。子どもが二人いますが、それぞれ独立して少し遠いところに住んでいます。ロンボク島の田舎は大家族のイメージがありますが、この頃は一人暮らしの年配の方もちょこちょこ見かけます。

「Cさんは一人でブカプアサ(一日の断食を終えて食事をとること)をするのかな」。夫に尋ねると、そうだろうね、と返事がありました。

「ねえ、だったらCさんをごはんに誘わない?毎日一人でブカプアサなんて寂しいよ」

私の意見に、夫は、そんなことしなくていい、と答えました。

私はわかった、と自分の意見を取り下げながら、夫を冷たいなぁと思いました。しかし、夫の真意は理解できました。

実は我が家の向かいの敷地には3軒のお宅があり、Cさん以外の2軒の家族は、土地関連の揉め事でCさんを嫌っていました。夫は、私たちがCさん以外の2軒の家族から、私たちがCさんと食事をする=Cさんの肩をもっていると誤解されることを恐れているのです。

うーん、でもなぁ。Cさんはどう感じているのかな?

**********

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ロンボクだより(44):現地の人々による支援活動(岡本みどり)

2021年05月07日号 vol.93

ラサ・サヤン(17):コロナ禍で起きている現象(その2)~ペットを飼う人が増えている~(石川礼子)

2021年05月07日号 vol.93

いんどねしあ風土記(27):トカゲの危機-汚職撲滅委員会の行方 ~ジャカルタ首都特別州~(横山裕一)

2021年05月07日号 vol.93

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)