よりどりインドネシア

2020年07月22日号 vol.74

感染対策から経済回復へ舵を切ったジョコ・ウィドド政権(松井和久)

2020年07月22日 15:33 by Matsui-Glocal

新型コロナウィルスの感染拡大の影響は、予想通り、長期化の様相を見せています。日本を含む多くの国々で、感染拡大の第二波を警戒しつつも、経済を回す必要から、コロナとの共存を前提とした「新たな日常」「新しい生活様式」への移行、すなわち自粛や規制の緩和への動きが一般化しつつあります。

インドネシアでも同様に、感染対策と経済回復を車の両輪のようにどうバランスをとっていくかは、ジョコ・ウィドド政権の最も肝要な政策課題となってきましたが、ここに来て、政権は、感染対策よりも経済回復を重視する方向へ舵を切った様子です。

7月20日、ジョコ・ウィドド大統領は、2020年大統領規則第82号に基づき、新型コロナ対策・国家経済回復委員会(Komite Penanganan Covid-19 dan Pemulihan Ekonomi Nasional)という新組織を立ち上げました。そして、同時に、これまで新型コロナウィルス感染対策を仕切ってきた「新型コロナウィルス緊急対策チーム」(Gugus Tugas Percepatan Penanganan Covid-19)を解散し、その機能を新組織のなかに組み込みました。

新型コロナ対策・国家経済回復委員会に関わる閣僚たち(出所)https://riaupos.jawapos.com/nasional/21/07/2020/235263/satukan-penanganan-covid-dan-pemulihan-ekonomi.html

ジョコ・ウィドド大統領は、新組織立ち上げの理由として「感染対策と経済回復は切り離せない。ブレーキとアクセルを制御していく」と述べました。同時に、他国のような強力な都市封鎖(ロックダウン)を行わなかったので、2020年第1四半期のGDP成長率が2.9%、第2四半期がマイナス4.3%で済んだのであって、ロックダウンを実施していたら第2四半期はマイナス17%になっていた、ともコメントしました。

この大統領発言を見る限り、感染対策と経済回復の二兎を追う形のこの委員会は、一見すると、その両者のバランスを取るための適切な組織のように見えます。しかし、これは明らかに、ジョコ・ウィドド政権が感染対策よりも経済回復を重視する姿勢を鮮明にしたものなのです。

それはなぜなのかについて、以下で見ていくことにします。

 

(以下に続く)

  • 委員会の構成
  • なぜ国営企業なのか
  • 地方レベルでもコロナ対策タスクフォースを設立
  • 保健大臣の役割と権限はどうなるのか
  • 感染拡大は続く、まだまだ楽観はできない
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

インドネシア米農業の現状を概観する(松井和久)

2020年08月08日号 vol.75

コロナ禍での中国人労働者の入国許可問題(松井和久)

2020年07月08日号 vol.73

インドネシアと新型コロナウィルス対策(6):新型コロナウィルス感染状況と「ニュー・ノーマル」(松井和久)

2020年05月22日号 vol.70

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)