よりどりインドネシア

2019年03月09日号 vol.41

ロンボクだより(17) :「ルダット体操」はじまりました(岡本みどり)

2019年03月09日 04:33 by Matsui-Glocal

昨年の震災後、私は、震災で大きな被害を受けた北ロンボクに再び観光客が戻ってくるように、地元ならではの文化や価値観に触れられるようなツアーを作ろうと動いています。

色々な人に「ロンボク独自のもの、北ロンボクならではのものって何だろう?」と聞き歩いているときに、親戚の一人がルダット(Rudat)の名を挙げました。

* * * * * * * * * *

西ヌサトゥンガラ州の州都マタラムから、結婚を機に長閑な北ロンボクに移住して6年半の間、ルダットという単語は聞いたことがありませんでした。

何それ?と尋ねる私に、「北ロンボクのトレンガン地域発祥の踊りでねぇ、こんなのだよ」と、その人は写真を見せてくれました。そこには軍服のような服を着ている男性の姿が。これが踊り?でもトラディショナルな雰囲気はあるな。

「へえ、いいね! ルダットはどこで見ることができるの?」

「うーん、何かイベントがあるときに県庁前の広場とかでやってるよ」

チャンスはあまり数多くはなさそうだなぁ。

でも見てみたいなと思っていたところ、被災した子ども向けのイベントで初めてルダットを見ることができました。

これがそのときの写真です。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ロンボクだより(24): バヤン地区の手織り布(岡本みどり)

2019年10月08日号 vol.55

いんどねしあ風土記(6): インドネシア映画からみた独立史探訪 〜東ジャワ州スラバヤ~(横山裕一)

2019年10月08日号 vol.55

スラウェシで綿花栽培に挑んだ宮地貫道のこと ~木村達也著『宮地貫道伝 -信念と気骨の明治人-』から~(脇田清之)

2019年10月08日号 vol.55

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)