よりどりインドネシア

2018年12月23日号 vol.36

ウォノソボライフ(12):ブンドゥンガン 〜田園生まれのミュージック〜(神道有子)

2018年12月23日 23:34 by Matsui-Glocal
2018年12月23日 23:34 by Matsui-Glocal

ちょっとこちらをご覧ください。

竹で編んだゴザのような覆いを、つっかえ棒で支え、その中に座り込む人。皆さんは、こうした光景を見たことがありますか?

実はこれ、ブンドゥンガン(Bundengan)と呼ばれる楽器を演奏しているところなのです。

他の地域では見られないというこの音楽が、ウォノソボでは近年特に注目され、盛り上がりを見せています。

今回は、地元の中学校でブンドゥンガンを教えているムルヤニさんを訪ね、一体どんな音楽なのか、ウォノソボ全体でどういう活動が行われているのかなどを教えていただきました!

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ロンボクだより(73):ジョコウィ大統領がやってきた(岡本みどり)

2022年08月08日号 vol.123

ジョグジャ・ドタバタ日記(6):「ないものはない」西スマトラ、「ないけどある」クロンプロゴ県 ―地方における大手コンビニ出店から考える―(沼澤うらら)

2022年08月08日号 vol.123

いんどねしあ風土記(37)ミナンカバウ物語:現代に生きる母系社会とムランタウ ~西スマトラ州パダンパンジャン~(横山裕一)

2022年08月08日号 vol.123

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)