よりどりインドネシア

2018年12月23日号 vol.36

ウォノソボライフ(12):ブンドゥンガン 〜田園生まれのミュージック〜(神道有子)

2018年12月23日 23:34 by Matsui-Glocal

ちょっとこちらをご覧ください。

竹で編んだゴザのような覆いを、つっかえ棒で支え、その中に座り込む人。皆さんは、こうした光景を見たことがありますか?

実はこれ、ブンドゥンガン(Bundengan)と呼ばれる楽器を演奏しているところなのです。

他の地域では見られないというこの音楽が、ウォノソボでは近年特に注目され、盛り上がりを見せています。

今回は、地元の中学校でブンドゥンガンを教えているムルヤニさんを訪ね、一体どんな音楽なのか、ウォノソボ全体でどういう活動が行われているのかなどを教えていただきました!

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

カリマンタンの森を守るために立ち上がる若者たち ~スマルニ・ラマンさんの活動~(松井和久)

2021年04月08日号 vol.91

ロンボクだより(42):前震のあと幼稚園で感じたこと(岡本みどり)

2021年04月08日号 vol.91

ラサ・サヤン(16):コロナ禍で起きている現象(その1)~結婚式が増えている?~(石川礼子)

2021年04月08日号 vol.91

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)