よりどりインドネシア

2018年12月23日号 vol.36

国家英雄スルタン・ハサヌディンとマカッサル戦争(脇田清之)

2018年12月23日 23:34 by Matsui-Glocal

スルタン・ハサヌディン(Sultan Hasanuddin, 1631~1670)といえば、その名は、マカッサルの国際空港、国立大学や道路の名称などに使われていて、あまりにも有名です。でも、どんな人物だったのか、皆さんはご存知でしょうか。

スルタン・ハサヌディンは1631年1月12日にマカッサルで生まれ、1653年11月、弱冠22歳の若さで、第16代ゴワ王国の王位を継承しました。当時、東部インドネシアに進出しようとしたオランダ東インド会社(Verenigde Oost Indische Compagnie、略称VOC)に対して、徹底的に抵抗し、「東に雄鶏あり」と怖れられたと言われています。

スルタン・ハサヌディンは、1670年6月12日、39歳の若さでこの世を去りましたが その303年後、1973年11月6日に、インドネシア政府からインドネシア国家英雄として認定されました。

今回は、まず、彼の生きた17世紀のマカッサルの輝ける時代について述べた後、当時、東部インドネシアへ進出しようとしたオランダ東インド会社との戦い、すなわち「マカッサル戦争」について、紹介したいと思います。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ウォノソボライフ(18) :明文化されないジャワ仕草(神道有子)

2019年06月24日号 vol.48

ロンボクだより(20): 朝のフルーツは金?(岡本みどり)

2019年06月08日号 vol.47

オーストラリアに眠る日本人抑留者の知られざる物語 〜新公開のカウラ日本人墓地データベースを試用して〜(脇田清之)

2019年06月08日号 vol.47

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)