よりどりインドネシア

2018年10月23日号 vol.32

ウォノソボライフ(10) とある伝説と村祭り(神道有子)

2018年10月23日 23:06 by Matsui-Glocal

毎年、イスラム暦の新年を過ぎると、私の村では、村祭りの準備が始まります。

一年に一度の盛大なお祭り! 当日は朝からガムランが鳴り響き、村民はジャワの正装をします。椰子の葉や稲穂で作られた飾りがあちこちを華やかにし、村の野外劇場に続く道を大行列で練り歩く・・・。

なぜこの時期なのか? 何のためのお祭りなのか? 今回は、小さな農村で細々と続いている祭礼をご紹介します。

 

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ロンボクだより(44):現地の人々による支援活動(岡本みどり)

2021年05月07日号 vol.93

ラサ・サヤン(17):コロナ禍で起きている現象(その2)~ペットを飼う人が増えている~(石川礼子)

2021年05月07日号 vol.93

いんどねしあ風土記(27):トカゲの危機-汚職撲滅委員会の行方 ~ジャカルタ首都特別州~(横山裕一)

2021年05月07日号 vol.93

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)