よりどりインドネシア

2018年09月23日号 vol.30

ウォノソボライフ(9) どうなる?ウォノソボの中心街(神道有子)

2018年09月23日 06:58 by Matsui-Glocal

去る8月23日、ウォノソボ の中心街でちょっとした騒ぎがありました。

もくもくと空へ昇る黒煙。よく見なくても火事です。場所は、県内で最も大きな市場、パサール・インドゥック・ウォノソボ。多くの人がパニックになるなか、近隣の自治体から集まった消防車のおかげで何とか火は消しとめられ、焼けたのは2階の一部分だけで済みました。人的被害も出ていません。

でも、多分その場にいた全員が心の中で思ったはずです。

「またか!!!」

ここの商売人たちにとって、火事はトラウマ中のトラウマです。2014年末、パサール・インドゥック・ウォノソボ の本館は火事により全焼しているのです。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ロンボクだより(44):現地の人々による支援活動(岡本みどり)

2021年05月07日号 vol.93

ラサ・サヤン(17):コロナ禍で起きている現象(その2)~ペットを飼う人が増えている~(石川礼子)

2021年05月07日号 vol.93

いんどねしあ風土記(27):トカゲの危機-汚職撲滅委員会の行方 ~ジャカルタ首都特別州~(横山裕一)

2021年05月07日号 vol.93

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)