よりどりインドネシア

2018年06月09号 vol.23

ロンボクだより(9):断食月とロンボク島の観光開発(岡本みどり)

2018年06月09日 13:24 by Matsui-Glocal

マンダリカ地域の開発の様子(2017年8月撮影)。現在、ここに石畳が敷かれている。

前回に続き、断食月の話です。今回は断食月を通して聞いた住民の声をお届けします。

我が家は、「ゲストハウスを経営したい」と言う夫の夢のもと、2015年から家の離れの部屋を使ってホームステイの受け入れを始めました。

我が家は観光地ではなく村の中にあります。そのため、お客様も村人との交流や村の生活を体験したい方がほとんどです。

はじめの年は断食月にも通常通りお客様を受け入れました。観光のトップシーズンでしたし、私はイスラム教の考え方や文化、慣習を見ていただく良い機会ではと考えていました。

ところが、蓋を開けてみると夫は難色を示しました。断食月は外で働くのはまだしも、家ではゆっくり過ごしたい、と。離れとはいえ家にお客様がいるとのんびりできず、かといって嫌とも言えずに対応していたのがだんだん堪えてきたのでした。 

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ロンボクだより(12) 異教徒との共生(岡本みどり)

2018年10月09日号 vol.31

農民が編み出す米の直播技術(松井和久)

2018年09月23日号 vol.30

ウォノソボライフ(9) どうなる?ウォノソボの中心街(神道有子)

2018年09月23日号 vol.30

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2018年09月07号 vol.29

よりどりインドネシア第29号を発行しました。カバー写真は、アンボン島の海岸...