よりどりインドネシア

2018年05月09日号 vol.21

スラバヤで「桜」見物はいかがですか(松井和久)

2018年05月09日 15:09 by Matsui-Glocal
2018年05月09日 15:09 by Matsui-Glocal

日本では、春になると桜の話題でいっぱいになりますが、インドネシア人の間では、なんとスラバヤの「桜」が話題になっています。

雨季が始まる頃に咲く、スラバヤの「桜」。白、ピンク、黄色の花が咲きます。花が咲き終わってから葉っぱが出てくるため、「桜」と同じだー、と言われているのです。

(出所)https://nasional.tempo.co/read/529450/bunga-sakura-mekar-di-surabaya

(出所)http://surabaya.tribunnews.com/2017/10/14/instagramable-rasakan-selfie-asyik-di-bawah-bunga-sakura-ala-surabaya-di-lokasi-lokasi-berikut

上記は、インドネシアの週刊誌『テンポ』や地元紙『トゥリブン』に掲載された写真です。なかなかきれいですよね。

以下の日本語ウェブサイトでも、スラバヤの「桜」のことが取り上げられています。

 【インドネシアで桜の木?】スラバヤに咲き誇る「桜」の美しさ

しかし、このスラバヤの「桜」は、実は桜ではありません。一体、何なのでしょうか。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ロンボクだより(73):ジョコウィ大統領がやってきた(岡本みどり)

2022年08月08日号 vol.123

ジョグジャ・ドタバタ日記(6):「ないものはない」西スマトラ、「ないけどある」クロンプロゴ県 ―地方における大手コンビニ出店から考える―(沼澤うらら)

2022年08月08日号 vol.123

いんどねしあ風土記(37)ミナンカバウ物語:現代に生きる母系社会とムランタウ ~西スマトラ州パダンパンジャン~(横山裕一)

2022年08月08日号 vol.123

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)