よりどりインドネシア

2018年04月23日号 vol.20

ボゴールのマカロニ・パンガン(松井和久)

2018年04月23日 02:17 by Matsui-Glocal

2007年8月にボゴールに行ったときに食べて、「うまい」と思ったのが、マカロニ・パンガン(Macaroni Pangang)です。

インドネシアの家庭料理のなかには、オランダから伝えられたマカロニ・スクートゥルと呼ばれる、言ってみれば、クリームのないマカロニ・グラタンのような食べ物があります。昔々、ジャカルタに下宿していた頃、下宿の奥さんがおいしいマカロニ・スクートゥルをよく作ってくれたのを思い出します。

ボゴールではそれが「マカロニ・パンガン」と呼ばれるのです。パンガンというのは、表面を焼くという意味です。

マカロニ・パンガンを食べたいと思って訪ねたレストランの名前は、ズバリ、マカロニ・パンガン(略称:MP)でした。この店は今もJl. Salakにあります。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

食彩インドネシア(2):ルンダンは料理名ではなく料理法(松井和久)

2022年05月07日号 vol.117

骨の髄までしゃぶりまスープ(松井和久)

2019年12月08日号 vol.59

プカンバルでムラユ料理の魅力にハマる(松井和久)

2019年11月10日号 vol.57

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)