よりどりインドネシア

2018年04月08日号 vol.19

大統領選挙とスクマワティの詩の波紋(松井和久)

2018年04月08日 17:08 by Matsui-Glocal

2019年の大統領選挙は、現職のジョコ・ウィドド(ジョコウィ)大統領が再選へ向けて出馬を表明しました。各種世論調査でも、ジョコウィ大統領への支持率は40%前後と高く、再選の確率は高いとの予想がすでに見られます。

ジョコウィへの対抗馬としては、前回の2014年と同様、グリンドラ党のプラボウォ・スビヤント党首の出馬が有力視されています。ただし、地元メディアによると、現時点では、支持率でジョコウィに大きく差をつけられている、としています。

でも、2014年のときも、当初はそうでした。本番が近づくにつれて、ジョコウィへの誹謗中傷がエスカレートし、プラボウォへの支持率がじわじわと上がっていったのでした。今回、プラボウォは「インドネシアはこのままいけば崩壊する、と外国機関が分析」「国土の80%を人口の1%が支配」「外国によって富が収奪されている」など、危機を煽る発言をあえて繰り返し、アメリカのトランプと同様の戦略を取る様子が伺えます。

そして今回、直近で、ガトット・ヌルマンティヨ前国軍司令官の立候補を求める声が高まりを見せています。ガトットはすでにプラボウォと面会し、グリンドラ党への入党を進められたと報じられています。プラボウォと組む副大統領候補となる可能性が出ていますが、おそらく、プラボウォが立候補しない場合には、ガトットがグリンドラ党と福祉正義党(PKS)の支持を受けて、大統領に立候補することになりそうです。

支持率の高いジョコウィに勝つには、前回と同様、ジョコウィのイメージをいかに落とすかという戦略と、どのようなきっかけで、イスラムを旗印にした大衆動員を行うか、という点が重要になってきます。

しかし、ジャカルタ首都特別州知事選挙で、キリスト教徒のアホック前知事を落選させ、イスラムを冒涜したという罪を負わせて実刑判決を勝ち取った後、イスラムを旗印にした大衆動員は低調となってきました。大衆デモ1周年記念などと銘打って、大衆動員をかけていますが、大義名分が弱いためか、必ずしも効果を上げていません。イスラムを旗印に大衆動員するための政治的なネタが乏しくなってしまったためです。

そんな彼らにとって、久々に絶好の機会がやってきました。その標的となったのは、スカルノ初代大統領の娘で、メガワティ前大統領の妹であるスクマワティが3月29日に読んだ詩でした。

いったい、どんな詩だったのでしょうか。何がイスラム勢力を怒らせたのでしょうか。以下では、それを見ていきます。

詩を朗読するスクマワティ(出所)https://www.viva.co.id/berita/nasional/1022770-misteri-di-balik-puisi-sukmawati

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

(コラム)隠される格差、作られる「格差」(松井和久)

2018年09月23日号 vol.30

正副大統領候補ペア決定に関する3つの疑問と今後のインドネシア政治(1)(松井和久)

2018年08月23日号 vol.28

正副大統領候補ペア決定に関する3つの疑問と今後のインドネシア政治(2)(松井和久)

2018年08月23日号 vol.28

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

2018年09月07号 vol.29

よりどりインドネシア第29号を発行しました。カバー写真は、アンボン島の海岸...