よりどりインドネシア

2017年07月01日号 vol. 0

「よりどり」に込めた思い

2017年07月01日 10:17 by Matsui-Glocal

日本で「インドネシア」というと、どんなことを思い浮かべるでしょうか。

熱帯、大らか、のんびりしている、時間にルーズ、イスラム、怖い、などなど・・・

バリ島へ行ったことのある方は多くても、そこがインドネシアの一部だと知っていた方はどれぐらいいるでしょうか。

日本の家電量販店で電気の変換プラグ売り場へ行ったことがあるのですが、インドネシアとバリは別物として表記されていました(今はどうなったか知りませんが)。

他方、昨今の起業・企業進出を背景に、首都ジャカルタやその周辺に関する情報も増えてきています。これさえわかれば・・・といったタイトルのビジネス本もちらほら見かけますよね。

日本で知られているインドネシアのほとんどは、バリとジャカルタ、というのが現実です。ガイドブックも、この二つの情報がほとんどです。

需要のあるところの情報はどんどん詳しくなります。バリについての個々のお店に関する情報は、近年ものすごい充実ぶりです。ジャカルタの日本食店などの情報も微に入り細に入り、です。

でも、バリとジャカルタは、インドネシアの国土全体の1割にもみたない部分です。9割以上のインドネシアを、私たちは知らずに、「インドネシアとは」と語っているのかもしれません。

バリやジャカルタ以外の、いくつもの面白いインドネシアをもっと知ってもらいたい。そして、インドネシアともっと深く関わって欲しい。そんな願いから、この会員制ウェブマガジン「よりどりインドネシア」を創刊しました。

会員の皆さんが「えー、うっそー」「本当なの、これ?」といった驚きや好奇心をくすぐるような記事を載せていこうと思います。もちろん、政治や経済の記事も載せますが、きっと他の日本語メディアでは読めない、ちょっとやばいかもしれない内容も含めて、よりどりに載せていこうと思います。

会員になっていただいた皆さんには、記事を読んでいただくだけでなく、ぜひ、読者コミュニティで、質問や意見を自由にどんどん出していって欲しいと思ってます。会員どうしで、ああでもない、こうでもない、といった話に花が咲くことを願っています。

というわけで、どうぞよろしくお願いいたします!! 

2004年12月のスマトラ沖大地震・津波で打ち上げられた発電船(バンダアチェ市、2016年5月22日) 

(松井和久)

関連記事

会員制フォーラム「よりどりインドネシア」について

2017年07月01日号 vol. 0

これから載せていく記事の内容(予定)

2017年07月01日号 vol. 0

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)